電気学会中国支部奨励賞受賞2018.10.20

戻る

2018年10月20日に広島市立大学で開催された、平成30年度 電気・情報関連学会中国支部連合大会において、修士課程1年古屋直史君が電気工学科の森田教授の指導下で研究し、講演した論文「Al陽極酸化レプリカ法を用いた金属ナノピラーの形成」が、全く新しい方法に基づくナノ物質の作製方法として評価され、「電気学会中国支部奨励賞」に決定しました。

トップに戻る