ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

大谷 優太yuta Ohtani

前のページへ戻る

大谷 優太

氏名 大谷 優太
ふりがな おおたに ゆうた (Yuta Ohtani)
職名 助教 (Assistant Professor)
学位 博士(工学)
専門分野
  • 界面化学
  • 光化学
略歴
  • 首都大学東京 学士(工学)、修士(工学)、博士(工学)
  • 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
研究シーズ 詳細はこちらから 
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_07.jpg

大谷 優太

主な研究課題

電池に用いる電解液の半固体化

 色素増感型太陽電池の構造の柔軟性を維持しつつ系の安定性を向上させるために、電解液の半固体化を目指している。電気化学インピーダンス測定などにより、電解液を半固体化することによる系内のイオンの運動性への影響を評価する。

 icn_sdgs_goals_07.jpg

白金に代わる色素増感型太陽電池用対電極の開発

 太陽電池のエネルギー変換効率向上を目指し、電解質からのホール輸送反応が効率よく進む対電極の開発を行っている。現在は高価な白金が広く用いられているが、より安価な材料を用いて優れた機能を有する対電極を開発することが目標である。

 icn_sdgs_goals_07.jpg

主な著書・論文

  • "Elucidation of the Adsorption Distribution of Cationic Porphyrin on the Inorganic Surface by Energy Transfer as a Molecular Ruler", A. Nakayama, J. Mizuno, Y. Ohtani, T. Shimada, S. Takagi Journal of physical chemistry C, 2018, 122(8), 4365-4371
  • "Effect of graphene nanoplatelet edges on the iodide/triiodide redox reaction", Y. Ohtani, H. Hoshi Electrochemistry Communications, 2018, 87, 49‐52
  • "Energy Transfer among Three Dye Components in a Nanosheet-Dye Complex: An Approach To Evaluating the Performance of a Light-Harvesting System", Y. Ohtani, S. Kawaguchi, T. Shimada, S. Takagi
    Journal of Physical Chemistry C, 2017, 121(4), 2052‐2058
  • "Artificial Light-Harvesting System with Energy Migration Functionality in a Cationic Dye/Inorganic Nanosheet Complex", Y. Ohtani, T. Shimada, S. Takagi
    Journal of Physical Chemistry C, 2015, 119(33), 18896-18902

主な国際・国内活動

  • 日本化学会、日本粘土学会、光化学協会、応用物理学会 会員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1