ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

第32回 サイエンス・カフェを開催Information from Library

投稿日:2020/08/28


IMG_8423.JPG8月22日(土)、山陽小野田市立中央図書館において、第32回 サイエンス・カフェが開催されました。

今回は「分子の形をコンピュータで観察する ~分子の形から薬を設計する~」をテーマに、緒方 浩二 教授(薬学部 薬学科)が案内人を務めました。
当日は会場を視聴覚ホールに変更して参加者同士のソーシャルディスタンシングを確保するなど、新型コロナウイルス感染拡大予防への対策も徹底されており、市内の高校生からご年配の方まで年齢層も幅広く、22名の参加がありました。

カフェでは、生命活動に必要不可欠な分子である蛋白質の構造を観察することで、機能を推定し、メカニズムを解明できることや、蛋白質の結合サイトにうまく結合する化学物質を見つけることなど、コンピュータ解析による「創薬」についての説明がありました。

カフェ終了後には、参加者から「蛋白質が画像でぐるぐる回転していて、わかりやすかったです。」との感想をいただきました。

隔月で開催されるサイエンス・カフェ、次回は 吉田 和司 教授(工学部 機械工学科)を予定しております。詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせしますので、ぜひご参加ください。

本学教員によるサイエンス・カフェが、科学への興味・関心を深める、又は苦手意識を和らげる、そのきっかけになれば幸いです。