ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動等について(再掲)NEWS & EVENT

投稿日:2017/08/13 お知らせ


学生及び教職員の皆様へ

理 事 長 

 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動等について

 

 弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、政府は、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用し、防災行政無線や緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動については、国民保護ポータルサイトに掲載されていますので、お知らせします。

<内閣官房国民保護ポータルサイト>
 ○内閣府官房 国民保護ポータルサイト(外部サイト)
 ○弾道ミサイル落下時の行動について(その1) [PDFファイル/222KB]
 ○弾道ミサイル落下時の行動について(その2) [PDFファイル/457KB]
 ○弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A [PDFファイル/189KB]
 ○Jアラート(全国瞬時警報システム)
 ○武力攻撃事態等における国民の保護のための仕組み
 

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の留意点
弾道ミサイルが落下する可能性がある場合、落ち着いて速やかに近くの堅牢な建物や地下街などに避難し、その後、状況に応じ行政機関からの指示に従い適切に避難してください。

 大学内での避難
大学内に滞在しているときに、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合、落ち着いて速やかに近くの建物に避難してください。その後、「大学内における弾道ミサイル落下時の行動について」に従い、安全の確保に努めてください。

山陽小野田市立山口東京理科大学の危機対応
本学では、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合が発生した場合、「緊急危機対策本部」を設置して危機事案への対応を行います。