ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

留学生が日本語スピーチコンテストで優秀賞を受賞NEWS & EVENT

投稿日:2018/12/20 レポート


 平成30年11月18日(日)、日本国際連合協会山口県本部が主催する『第29回外国人による日本語スピーチコンテスト』において、本学機械工学科1年の呉 沁彦さんが優秀賞を受賞しました。このコンテストは国際交流・国際協力への参画意識を持った人づくりや、在住外国人と県民との相互理解・交流を目的としており、予備審査の末、10名の方が出場しました。

 呉さんは、「日本に来て、人間らしさについて考えた」というテーマで、マナーがよいと言われている日本人の中にもポイ捨てをする人がいることを取り上げ、普遍的な人間性についてスピーチし「様々な価値観に触れて、自分の頭で考え、みんなで多文化共生の社会を作っていこう」と述べました。

 また、優秀賞の受賞について呉さんは、「日本語指導をしてくださった芝﨑先生、発表練習の場を提供してくださった英語の池田先生や日本人学生、応援に来てくれた留学生仲間への感謝と、今回の受賞を励みに今後もいろんなことにチャレンジしたい」と抱負を語りました。

IMG_5559.JPG