お問合せお問合せ

資料請求資料請求

トップに
戻る

地域のキーパーソンを育てる山口東京理科大学

検索

資料請求

お問合せ

交通アクセス

亀田 真澄Masumi Kameda

亀田 真澄

氏名 亀田 真澄
ふりがな かめだ ますみ (Masumi Kameda)
職名 教授 (Professor)
学位 学術修士
専門分野
  • 微分幾何学
  • 部分多様体
  • 数学教育
略歴
  • 東京理科大学理学部第一部数学科卒業・理学士
  • 広島大学大学院環境科学研究科環境科学専攻修士課程修了・学術修士
  • 東京理科大学大学院理学研究科数学専攻博士課程単位取得満期退学
  • 東京理科大学山口短期大学教養科講師
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学基礎工学部一般基礎科講師
研究者データベース 詳細はこちらから
研究シーズ 詳細はこちらから 
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_01.jpg icn_sdgs_goals_04.jpg icn_sdgs_goals_08.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg icn_sdgs_goals_10.jpg icn_sdgs_goals_12.jpg

亀田 真澄

主な研究課題

佐々木多様体の C-totaly real 部分多様体に関する研究


平均曲率ベクトルがη-平行であるコンバクトなC-totaly real 部分多様体を調べ、その部分多様体が全測地的であるための条件及び、その第二基本形式がη-平行であるための条件を調べることである。手法は断面曲率が非負である部分多様体の単位バンドル上の関数に関する楕円型微分方程式を考えて結論を調べている。

佐々木空間形の CR-部分多様体に関する研究


佐々木空間形の構造ベクトルに接している CR-部分多様体の第二基本形式において、特にnon-zeroな平均曲率ベクトル方向の平方和に関するラプラシアンを計算し、積分公式を用いた幾何学的性質、並びに諸結果を述べている。

数学教育のコンピュータ導入に関する研究


大学教養課程における数学授業において、コンピュータによる補助教材を導入し、数学プログラムMathematicaを用いた併用授業の講義を行い、インターネット上のWEBに配信する電子レポート等の教育法を研究している。

icn_sdgs_goals_01.jpg icn_sdgs_goals_04.jpg icn_sdgs_goals_08.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg icn_sdgs_goals_10.jpg icn_sdgs_goals_12.jpg

主な著書・論文


主な国際・国内活動

お問合せ:
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1

TEL0836-88-3500

関連ページ: