ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

地域連携センターRegional Collaboration Center

前のページへ戻る

地域連携センター長挨拶

地域連携センター長 北條 信

山陽小野田市立山口東京理科大学は、教育研究に関わる活動だけではなく、地域との交流を大切に考えています。その地域との交流に関わる取り組みとして、本学の地域連携センターでは、地域の皆様との交流を図り、それらを通じた地域への貢献をめざした活動をしています。
山口県西部は、明治から大正期にかけて、多くの企業の創業時期に初めての工場をつくる地として選ばれてきました。最近では全国各地で地域活性化に向けた活動が行われていますが、本来もの作りをする上で恵まれた土地柄である山陽小野田の地においても、再び地域の活力を取り戻し、生活されている市民の皆様の生涯を通じた豊かな生活が実現する手助けができればとの思いから、本学の教職員と地域との交流に向けた活動・催しを地域連携センターが企画し、実施してきました。単に豊かな生活といいましても、多様な観点からの豊かさがあります。また、市民といいましても、子供から大人まで多様な方々が生活をしておられます。たとえば、地域連携センターでは、小学生や中学校、高等学校の生徒さんに対して、科学の魅力、科学を学ぶ楽しさを伝えることをめざして、出前授業などを実施しています。その延長として最新の科学技術の紹介も行ってきました。生涯教育に関わる活動としては、開放授業や講演会を開催しています。本学の教員はサイエンスやテクノロジーに関わる人脈を多く持っていますが、今後はこれらの分野以外のテーマによる講演会も開催したいと考えています。また、地域企業の皆様とは、本学教員の専門分野、研究分野を知って頂く活動から始まり、各企業様との技術相談会や研究協力活動を行っています。この様な多様性に対応できることが、大学の多様性を保つことにつながり、大学の活力の源になると考えております。
これらの活動は私立大学時代から続けてきたものであり、地域の皆様の生活が充実し、地域が活力に満ちたものになることを願って、公立大学となった現在も、そして将来にわたっても、山陽小野田市と連携しながら活動を継続してまいります。

地域連携センターの主な業務

本センターは山口東京理科大学の基本理念に基づき、地域文化の向上および地域活性化のための事業を地域と協働して企画・立案・実行し、地域貢献活動を組織的に遂行することを目的としています。

  • 地域社会の諸活動や地域課題に対する支援。
  • 民間等との共同研究および受託研究の支援推進。
  • 地域連携および産学連携に係る情報の収集および発信。
  • 生涯学習事業の企画立案および実施。
  • 上記目的を達成するために必要な取り組み。

組織

組織図

研究シーズ

本学には、機械、電気、応用化学に関する幅広い分野の専門家が在籍しております。本学の教員と企業等の技術者や研究者が共同で研究を進め、技術開発の成果を出すため、共同研究や受託研究を受け入れています。また、企業現場等における技術的課題の技術相談を受け、地域社会の発展に協力しています。

研究シーズ集ダウンロード

研究機器のご利用案内

機器センターに設置している多くの研究機器を企業の皆様に開放しておりますので、自社製品の製品開発等に幅広くご活用していただけます。どうぞお気軽にご利用ください。

機器センターWEBサイト

技術相談

地域連携センターでは、技術相談窓口を開設し、本学の研究者が、地元企業の皆さまのお悩みやご相談に応じます。技術開発の支援、大学の装置の利用、専門知識の提供など、大学のシーズを活用し、自社の技術に役立ててみませんか?

技術相談申込書ダウンロード

大学開放授業

本学の学生が受けている授業の一部を、地域の皆様に公開しています。この機会に大学の授業を受講してみませんか。

大学開放授業サイト

地域連携センターについてのお問い合わせ先

公立大学法人
山陽小野田市立山口東京理科大学
総務課 地域連携室
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1
TEL:0836-88-3500
E-mail:tiiki@admin.tusy.ac.jp

メールフォームでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1