お問合せお問合せ

資料請求資料請求

トップに
戻る

地域のキーパーソンを育てる山口東京理科大学

検索

資料請求

お問合せ

交通アクセス

応用化学科Department of Applied Chemistry

化学の力で人と地球に優しい物質を開発する

応用化学は、原子や分子レベルでさまざまな現象を理解することから始まり、
産業や私たちの生活に役立つ物質を研究・開発する学問です。応用化学科では、化学を基盤に物質の構造や性質、
合成に関する幅広い知識を学び、新しい物質を誕生させる素養と技術を身につけます。

応用科学科画像01
応用科学科画像02
応用化学科 学科主任 白石 幸英

セントラルサイエンスという言葉を御存知でしょうか?化学が、科学の中心であるという考えは広い学問領域の中で化学は節点に位置していることを意味します。化学は、ものづくりの基礎であるとともに、生命科学や環境科学、ナノサイエンスを支える学問でもあります。応用化学科では、幅広い領域を網羅的に学べるよう物理化学・無機化学・有機化学の3領域を融合したカリキュラムが組まれており、その結果卒業生は、研究者・技術者・教員のように様々な分野で活躍しています。

応用化学科 学科主任白石 幸英SHIRAISHI, Yukihide

3つのポリシー

ライン

アドミッション・ポリシー

こんな学生を待っています!

  1. 化学を中心とする理科および数学について、高校卒業程度の知識を持ち、それらの内容を理解している人を求めます。
  2. 広い教養と柔軟な発想が重要であることを認識し、多面的かつ論理的に物事を考える素養がある人を求めます。
  3. 自然科学全般に興味を持ち、特に化学に深い探究心を持って持続的に学習する意欲がある人を求めます。
  4. 社会に対して関心を持ち、責任感を持って社会活動を行い、将来化学関連の分野で貢献したいと考えている人を求めます。
  5. 書き手や話し手の真意を理解し、効果的に情報や考えを表現できる人を求めます。
アドミッション・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー
  1. 幅広い視点と多面的思考力を身につけ、自己認識を持続的に深めるための基盤となる能力や科学技術者の持つべき倫理を身につけるための科目を「一般科目」として配置します。
  2. 書き手や話し手の真意を把握する力、考えをまとめて論理的かつ効果的に表現する「書く」「話す」力、さらに科学的内容を中心に英語で学び、情報や意見を伝えるための基盤となる能力を身につけるための科目を配置します。
  3. 数学、物理学、化学、生物学や工学、情報技術の基盤的知識や概念を学び、これらを応用する力を身につける為の科目を「基礎科目」とし配置します。
  4. 目標を設定し、協同して論理的な計画を立て、実行し、報告としてまとめる体験をし、これらを遂行する能力を修得するための実験・実習科目を配置します。目標への到達に関わる多様な要素を想定し、それらを勘案の上で目標達成法を見つけ出す能力を身につけるための科目を配置します。
  5. 化学を基軸として物理学や生物学の関連分野の知識や概念を学び、今後の自然科学や関連技術の発展の中で、生涯にわたり学び続けることができる基盤を身につけるための科目を「専門科目」として配置する。自然真理の探求や技術の創出などの経験を身につけるための実践科目として「卒業研究」を配置します。

ディプロマ・ポリシー

  1. 地球的視点からの社会観をもとに多面的思考ができ、自己啓発するための素養や、化学を中心とする理学や工学の基盤的知識、概念を身につけている。
  2. 自然現象を化学的に捉えることができる化学観を持っている。
  3. 自ら課題を発見してその解決を図るために、関連要素を勘案しなから解決法を論理的に立案、実行し、取りまとめる経験、さらにこれらを他者と協同して行う経験を有している。
  4. 化学を中心とする知識や倫理、社会に持続的に関心を持ち、社会に貢献しようとする意欲を持っている。
  5. 科学技術と社会や自然との相互関係を理解し、科学を学ぶ者として持つべき倫理、社会に対する責任感を持って社会活動ができる。
  6. 書き手や話し手の真意を把握し、論理的かつ効果的に情報を伝え、自分の考えを表現できる。さらに科学的内容を中心に、英語で学び、情報や意見を相手に伝えることができる能力の基盤を身につけている。
ディプロマ・ポリシー

学科の特色

ライン

3つの学びの領域

学科の特色

領域1物理化学・物質系

物理化学、量子化学、構造化学などの科目で、物質の性質や化学現象を論理的に考察する基礎を身につけます。これらは物性工学や高分子科学、機能性材料系の科目において、より具体的な専門分野へと発展的に理解を拡げます。

領域2無機化学・環境系

無機化学、無機合成化学などの科目で、多様な元素の性質や反応を学び、無機材料化学やエネルギー化学で、有機化合物以外の全てを網羅する無機化学分野の専門性を深めます。さらに、環境・資源問題への化学的な視点を学びます。

領域3有機化学・生物系

有機化学、有機合成化学などの科目で、有機化合物の構造と性質の関係や反応を体系的に学び、合成デザインを通じて、無機化学や物理化学との総合的な理解ができます。また、生化学や分子生物学など生命科学分野も学ぶことができます。


学習・教育目標

応用化学科の知の広場で培う、化学技術者に求められる
確かな基礎学力と豊かな専門学力

応用化学科では、6つの学習教育目標をかかげて学士課程の教育プログラムを編成。
これらの目標を達成した学生は、人間性豊かな化学技術者に必要な「確かな基礎学力」と「高度な専門知識」を修得した証として、
学士(工学)の学位を取得します。

学習・教育目標

目標A広い視野での社会観と責任能力を持つ技術者の養成

世界には多様な人種、文化、習慣、価値観などがあることを理解し、自分たちの文化や価値観だけでなく、他者の立場からも物事を考えることができる能力とその素養を身につける。さらに、技術者の立場から技術が社会や自然に及ぼす効果・影響を正しく理解し、技術が社会に負うべき責任感を身につける。

目標Bコミュニケーション能力の養成

日本語及び英語による口頭や文章での論理的表現能力を培い、プレゼンテーションや討論の方法を習得することにより、国際的に通用するコミュニケーションの基礎能力を身につける。

目標C数学、自然科学、情報技術の知識の習得

数学、物理学、化学などの自然科学を基幹基礎科目として学びながら、情報技術、コンピューター利用技術を身につけ、それらを応用化学の諸問題に適応できる能力を身につける。

目標D化学の実験的技術と計画的実践力の習得

実験・実習を行う目的を明確にして、与えられた制約の下で計画的に実験を行い、まとめる能力を身につける。機器の操作技術、データ取得技術、データ処理技術、報告書作成技術を習得するとともに、問題を発見・考察する能力も培う。

目標E化学の専門的知識と応用力の習得

物理化学・物質デザイン系、無機化学・環境サイエンス系、有機化学・生物システム系に関する知識と、それらを問題解決に応用できる能力を身につける。

目標Fデザイン能力の養成

課題発見・解決力、実践力、デザイン能力などを養い、理解して得た知識・手法を実験による確認を通して明確にし、課題解決に応用する能力を育成する。特に「卒業研究」では、問題の設定・解決能力、結果・経過の判断・評価能力、研究成果の報告・発表能力、協調性や自己管理能力を身につける。

カリキュラム

ライン

学びのステップ

1年次

化学の魅力に迫る

流れ
2年次

専門科目への導入教育

流れ
3年次

細分化された専門領域へ

流れ
4年次

集大成として、卒業研究に取り組む

カリキュラム

卒業に必要な単位数と取得できる学位

取得できる学位
取得できる学位

卒業研究

学びの集大成として「卒業研究」に取り組む

卒業研究は、指導教員の研究室に所属し、密接な指導を受けながら学びの集大成として取り組みます。
学生は研究活動への参画を通じ、4年間で学んだ知識・技能を活用しながら卒業論文にまとめます。
まとめた論文は、2月に行われる卒業研究発表会で発表され、技術者としてのプレゼン能力やコミュニケーション能力を磨きます。

物性化学・分子科学:井口研究室

  • いずれ応力により結合開裂を示す有機結晶の探索
  • イオン液体に溶解したジアリールエテン塩のフォトクロミズム

超分子化学:白石研究室

  • 金属コロイド担持多孔体高分子の合成とグリーンケミストリーへの応用
  • 界面活性剤/カーポンナノチューブ複合膜の作成と環境発電への展開

生体分子分光学:橋本研究室

  • ヘム配位子の振動数を決める構造的要因
  • アミノ酸側鎖の構造を反映するマーカーバンドの探索

有機合成化学:北條研究室

  • エノアート類の還元的二量化反応の中間体に関する考察
  • 1-プロモー2,6-ジフルオロ-4-tert-ブチルベンゼンおよびそのホウ酸誘導体の合成

機能材料:星研究室

  • ソルゲル法によるNb添加酸化チタン薄膜の作製と評価
  • BiSI薄膜を用いたペロプスカイト太陽電池の作製と評価

触媒材料化学:池上研究室

  • 二酸化炭素還元に有効な酸化物系サブナノ粒子光触媒の開発
  • スルホ基修飾したSn02担持酸化グラフェンの合成と糖類変換反応特性

生化学:岩舘研究室

  • 植物に含まれる抗腫瘍物質に関する研究
  • miRNAを用いた抗腫瘍作用の解析

生物無機化学:太田研究室

  • 高効率な燃料電池空気極触媒の創製に向けたポリピリジン錯体の合成と酸素還元反応の解析
  • 活性酸素消去能をもつ薬剤の創製に向けたスーパーオキシドジスムターゼモデル錯体の合成と酵素活性の解析

生物物理学:佐伯研究室

  • マイクロビーム小角X線散乱解析及び顕微鏡観察による加齢に伴う毛髪内部微細構造変化の解明
  • Pmel17のアミロイド形成およびメラニン産生に対するペプチド添加による抑制評価

有機元素化学:鈴木研究室

  • 典型元素含有ベンゼン骨格の合成法開拓
  • 高周期元素含有アントラセンの合成に向けて

Pick Up授業

ライン

応用化学科の特長ある学び

pickup授業

物理化学実験

物理化学に関する理解を深めるために、授業計画に示した課題の実験を行います。また、実験を通して実験手段とデータ解析の基本的な方法を習得し、測定の原理やその背景にある物理化学的な事柄を理解していきます。

pickup授業

機能性有機材料

有機分子の電子物性を利用することで、有機ELディスプレイや有機薄膜太陽電池など、さまざまな有機エレクトロニクス材料が開発されています。この授業では、有機分子もしくは分子集合体を用いた機能性分子材料について学びます。


在校生の声

原理も手順も「なぜ」を追求しながら
成功へつなぐ

応用化学科ではたくさんの化学実験を行う中で、例えば色の反応や結晶ができる様子など、これまで教科書の中でしか見たことのなかった現象を自分の目で確認できたときは感動しました。ただ実験をするのではなく、授業で学んだ後に実験をすることが多いので理解度が深まります。ときには上手くいかないこともありますが、その都度なぜ失敗してしまったのか、原理や手順について考察し解決できるよう取り組んでいます。山口東京理科大学で学ぶうち、勉強のための化学から将来のための化学へと意識が変わりました。医薬品や化粧品、化学製品など進路は多岐に渡りますが、実験から得られる興味からどの分野の研究職に就くか決めていこうと思います。

田中 文乃さん応用化学科 3年 大分高等学校出身

田中 文乃さん

合屋 祐輝さん
環境問題を解決し社会貢献できる研究員へ

高校生だった頃は材料に興味があったものの、どんな分野を学びたいかまで決まっていませんでした。そんなとき、応用化学科は物質と環境に視点を置いて総合的な知識を学べると知り、志望しました。基礎科目の数学や物理、英語は習熟度でクラスが分かれており、難易度や先生によって教え方が大きく変わるのも魅力です。また、大学がある山陽小野田市や山口県がどのような産業活動を行い、明治の産業発展を支えてきたか、周辺の自然環境や地形などとの関わりを知ったことで視野が広がりました。池上研究室で手がけている、触媒の力で次世代クリーンエネルギーを生み出す研究をさらに深めるため大学院に進み、いずれは環境問題を解決できるような研究をして社会に貢献していきたいです。

合屋 祐輝さん応用化学科 4年 長崎県長崎東高等学校出身

資格・進路

ライン

応用化学科の特長ある学び

取得できる主な資格・関連する資格

取得できる主な資格

就職実績

就職実績

主な就職先(2019~2021年度卒業者)

建設業

㈱九電工/㈱中電工/山九プラントテクノ㈱/高田工業所㈱

製造業

太平洋マテリアル㈱/宇部マテリアルズ㈱/王子ゴム化成㈱/アイリスオーヤマ㈱/フンドーキン醤油㈱/テルモ山口㈱/太陽石油㈱/田村薬品工業㈱/栄屋乳業㈱/㈱シマヤ

卸売業・小売業

㈱片岡計測器サービス/ネッツトヨタ山口㈱

学術研究・専門・技術サービス業

東亜非破壊検査㈱/㈱三井開発

情報通信業

NTTコムエンジニアリング㈱/富士通㈱/日本コンピュータシステム㈱

公務

山口県立学校職員/広島県警察/福津市役所

教育・学習支援業

神戸市公立学校教員/愛媛県公立学校教員/広島県公立学校教員/佐賀県公立学校教員/福岡県公立学校教員


主な進学先(2019~2021年度)

山陽小野田市立山口東京理科大学大学院
九州大学大学院
埼玉大学大学院

奈良先端科学技術大学院大学
北海道大学大学院
横浜国立大学大学院

京都大学大学院
奈良女子大学大学院
山口大学大学院


ワタシの就活

固定観念にとらわれない発想力で企業や後輩にとって柱となる人材へ
大野 瑛美佳さん

元々、私は実験をもっとやりたいという理由で大学進学を決めました。様々な化学実験や講義を通して、レポートをまとめる構成力や論理性、多角的に物事をとらえる発想力を身につけることができました。先生との距離も近いので、質問のしやすさも学ぶ意欲につながったと思います。
さらに、子どもたちへ実験の楽しさを教えるハンドメイドサイエンスというサークル活動を通して、コミュニケーション能力に加えてスピーチ力も養われました。
生物の講義で製薬のおもしろさを感じ、固形剤から液剤まで幅広く製造し、技術力も高い田村薬品工業株式会社を合同企業説明会で知り、内定に至りました。在学中に修得した専門知識はもちろんアイデア力も活かしながら、企業や後輩にとって柱となれる人材になることが目標です。

大野 瑛美佳さん応用化学科2021年3月卒業
田村薬品工業株式会社 勤務

応用化学科の教員情報は下記からご確認ください。

応用科学科特設サイト
お問合せ:
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1

TEL0836-88-3500