お問合せお問合せ

資料請求資料請求

トップに
戻る

地域のキーパーソンを育てる山口東京理科大学

検索

資料請求

お問合せ

交通アクセス

工学部Faculty of Engineering

地域産業界のキーパーソンを育成

工学部には、機械工学科、電気工学科、応用化学科の3つの学科があります。
「工学」と「理学」の融合をめざした独創的かつ先進的な取り組みの中で、
社会に役立つ工学を開拓できる専門知識を身につけた人間性豊かな科学技術者を育成します。

学部長挨拶

工学部学部長 永田 寅臣

 工学部では国際的に通用する技術者を養成するために機械工学科、電気工学科、応用化学科それぞれの学科が醸成してきた教育プログラムは、日本技術者認定機構(JABEE)の認定を受けています。各学科から提供される質の高いJABEE認定教育プログラムを修了すると、国家試験である技術士資格第一次試験が免除され、技術士補と修習技術者の資格が得られます。4年間の工学部での学びの後は産業界を中心に多くの就職先の中から自分に合った活躍の場が選択可能となります。また、全国的にも工学部では修了後の大学院進学率が高い状況にあるので、卒業研究で研究や開発に興味を持った場合は大学院工学研究科でさらに研究力、技術力、人間力を高めることもできます。
 薬学部を含めた本学での新しい出会いとともに多くの学びを通じて、将来的にも夢ある機械系、電気系、化学系などの分野で活躍できる人間味溢れるエンジニアを目指しましょう。

工学部 学部長永田 寅臣NAGATA, Fusaomi

Plofile
九州工業大学工学部電子工学科卒業後、九州松下電器株式会社第四事業部、福岡県工業技術センター研究員。佐賀大学大学院工学系研究科博士後期課程修了、博士(工学)。
2006年に山口東京理科大学基礎工学部電子・情報工学科に助教授として着任。2012年4月より山口東京理科大学工学部機械工学科教授、現在に至る。
専門は、制御工学、ロボット工学、知的情報処理など。

工学部 学科構成

機械工学科
電気工学科
応用化学科

工学部の教育課程

工学部では、工学の礎となる数学・物理学・化学を充分に理解した上で、
高度な専門知識と応用技術を修得する体系的な4年間の教育プログラムを導入しています。

工学部の教育課程1
工学部の教育課程2

教育の質の保証。「JABEE」認定基準に対応した技術者教育プログラム」

工学部全ての学科が、日本技術者教育認定機構であるJABEEの認定を受けています。「JABEE認定教育プログラム」を修了すると国家試験である技術士資格第一次試験が免除され、卒業と同時に技術士補と修習技術者の2つの資格を同時に取得することができます。本学では毎年20~30%の学生がこのプログラムを修了しています。

工学部の教育課程3
工学部の教育課程4

工学部の3つのポリシー

  1. 大学の理念を十分理解している人を求めます。
  2. 高等学校教育課程もしくは同等の学習内容を修了し、工学に関する基礎的並びに専門的知識を身に付ける上で十分な学力を有している人を求めます。
  3. 工学の本質に迫る深い専門知識と工学的な応用を創造できる力の修得を目指し、地域産業界の中核で活躍する人材(キーパーソン)として活躍したいと希う人を求めます。
  4. 科学技術を通して社会に貢献できる人材を育成するという本学の理念を理解し、科学技術者にふさわしい独創性、思考力、積極性、行動力を備えた将来性のある人材を求めます。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

  1. 大学の理念に基づいて各学科が定める教育目標を実現するための教育課程を編成します。
  2. 高度な専門知識と応用技術を修得するとともに、人間や自然・環境を配慮した問題を解決できる能力、自己表現力や情報解析能力を修得できる体系的な教育課程を実践します。
  3. 段階的な知識の修得を支援するため、一般的素養を深めるための「一般科目」、工学分野における各専門分野の基盤をなす「基礎科目」、専門家としての能力を養うための「専門科目」の3種類の授業科目を体系的に配置します。
  4. 「一般科目」は、「英語」科目の他、国際感覚、技術者倫理、コミュニケーション、キャリア開発等の能力を修得できる「人間科学」科目を配置します。
  5. 「基礎科目」は「基幹基礎科目」と「専門基礎科目」の授業科目を効果的に配置します。「基幹基礎科目」は工学部の学生にとって必須な科目とし、「専門基礎科目」は学科ごとに特色ある「専門科目」との接続を図ります。
  6. 「専門科目」を通じて、工学分野における高度な専門知識と応用技術、研究方法を修得し、事象の本質的な理解を深めるとともに、工学的な応用を創造できる能力と、課題を発見し解決できる能力を身につけます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

  1. 人間や自然、環境を配慮して問題を解決できる能力を修得している。
  2. 世界の動きや文化を理解できる教養と国際的に通用する言語能力を修得している。
  3. 自己理解を深め自分の考えを的確に表現する能力を修得している。
  4. 情報リテラシーと情報を有効活用する能力を修得している。
  5. 社会に役立つ工学を開拓できる基礎学力と専門知識を修得している。
  6. 先進技術の習得と工学に応用できるデザイン能力を修得している。
お問合せ:
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1

TEL0836-88-3500

関連ページ: