ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

第23回サイエンス・カフェを開催NEWS & EVENT

投稿日:2018/08/27 レポート


8月25日(土)、山陽小野田市立中央図書館において、第23回サイエンス・カフェが開催されました。

 今回は「世界で一番小さいカプセルの化学」をテーマに、白石 幸英 教授(工学部 応用化学科)が案内人を務めました。当日は、県外の高校生から地元のご年配まで年齢層も幅広く、16名の参加がありました。

 カフェでは、「シクロデキストリン」について、動画や試薬のメチルオレンジを使い、時にユーモアを織り交ぜながら、わかりやすい説明がありました。
 また、カフェ終了後、参加者から「『シクロデキストリン』は、いろんな可能性を秘めた物質だということがわかりました。」、「個人的に理数系は苦手ですが、有機化学の実験ならやってみたいと思いました。」などの感想をいただきました。

 隔月で開催されるサイエンス・カフェ、次回は10月を予定しております。詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせしますので、ぜひご参加ください。   

サイエンスカフェ2018.08.25③.jpg   サイエンスカフェ2018.08.25②.jpg