お問合せお問合せ

資料請求資料請求

トップに
戻る

地域のキーパーソンを育てる山口東京理科大学

検索

資料請求

お問合せ

交通アクセス

白石 幸英Yukihide Shiraishi

白石 幸英

氏名 白石 幸英
ふりがな しらいし ゆきひで (Yukihide Shiraishi)
職名 教授 (Professor)
学位 博士(工学)
専門分野
  • コロイド化学
  • 超分子化学
  • 複合工業化学
略歴
  • 東京理科大学 学士、修士、博士
  • コニカ(株) 環境安全推進室
  • 山口東京理科大学 助手、講師、准教授、教授(2014年~)
  • 山口東京理科大学 液晶研究所 所員兼務(2001〜2004年)
  • ハワイ州立大学 客員研究員(2006年)
  • 東京理科大学 界面科学研究センター 所員兼務(2008〜2013年)
  • 山口東京理科大学 先進材料研究所 所長兼務(2018年〜2019年)
  • 東京工芸大学大学院 客員教授(2020年)
  • 一般社団法人 日本写真学会 理事(2020年~)、編集委員長(2022年~)
ウェブサイト http://shiraishi.rs.socu.ac.jp/
研究者データベース 詳細はこちらから
研究シーズ 詳細はこちらから 
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_07.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg

白石 幸英

主な研究課題

複合コロイドの創製と機能

本研究室では、保護剤を巧みにデザインし、粒径の揃った新規コロイドの創製に関する研究を行っている。複数の金属の構造を制御することで、様々な複合コロイドを合成・構造解析を行い、触媒、液晶表示素子および、熱電変換材料などへ応用する機能性コロイドの開発を行っている。

icn_sdgs_goals_07.jpg

白金コロイドと和紙によるプラチナプリント

プラチナプリントは、世界最高峰の写真現像技術で、1870年代にイギリスで生まれた。科学的に安定性の高い白金を使用し、そのプリントは500年以上、美しい状態で保たれる。銀塩プリントに比べて、プラチナプリントは様々な支持体、とりわけ和紙が使えることも特徴である。日本全国の様々な地域に根差した和紙に最適のプリント条件を、永年培った無機・有機ハイブリット材料の知見をもとに化学的に解明し、地域貢献に繋げる。

icn_sdgs_goals_07.jpg

コロイド粒子の計算化学

分子サイズでの物性はバルク状態とは全く異なり、この次元でのシリコンの挙動を解明することが至急に求められている。Siコロイド粒子はそれぞれのサイズについて多くの異性体が存在するため、大きなサイズのSiコロイド粒子について実験によって構造を決定することは困難であり、多くの理論的な研究が進められている。Hawaii大学のJohn D.Head名誉教授との共同研究で、低エネルギーSixコロイド粒子の理論計算を行ってきた。

icn_sdgs_goals_07.jpg

主な著書・論文

主な国際・国内活動

お問合せ:
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1

TEL0836-88-3500

関連ページ: