理科大チームが第4回オープンデータアプリコンテスト宇部にて優秀賞を受賞2019.1.27

戻る

理科大チームが第4回オープンデータアプリコンテスト宇部(2019年1月27日、宇部市立図書館)において、優秀賞を受賞しました。チームメンバーである生野達也(本電気工学科4年)、糸賀拓馬(同3年)、金山晃己(同3年)は、サービス券電子化システム「Uni-Ca(ユニカ)」というアプリを開発・出展しました。

同コンテストは、2014年12月に宇部市がオープンデータを公開し、データを活用した地域づくりや地域課題の解決につなげるため、市民・企業・教育機関との連携を通じてオープンデータの利活用の促進の一環として開催され、今回が4回目となります。

なお、同アプリコンテストには最終審査を通過した6チームが参加し、最優秀賞(1点、賞金20万円、審査員による審査)、優秀賞(1点、賞金10万円、審査員による審査)、特別賞(1点、記念品、来場者による投票)が授与されました。

トップに戻る