ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

橋國 克明Katsuaki Hashikuni

前のページへ戻る

橋國 克明

氏名 橋國 克明
ふりがな はしくに かつあき (Katsuaki Hashikuni)
職名 助教 (Assistant Professor)
学位 博士 (理学)
専門分野
  • 熱電材料
  • 無機材料
略歴
  • 広島大学大学院 先端物質科学研究科 修士(理学)
  • 九州大学大学院 総合理工学府 博士(理学)
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学 工学部 電気工学科 助教
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_07.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg

橋國 克明

主な研究課題

新規熱電材料の開発

熱電発電は,固体素子の両端に温度差を付けると起電力を生じるというゼーベック効果に基づいており,未利用廃熱を電気エネルギーに直接変換して回収する手段の一つとして注目を集めている。しかしながら,既存の熱電材料は有毒元素や希少元素を主成分として含むために,安全性や高コストなどの問題点から,広範な応用に至っていない。そこで私は,毒性がなく豊富に存在する元素を主成分とした熱電材料の開発を行っている。具体的な対象物質は,クラスレート型化合物やスクッテルダイト型化合物,硫化物である。また,新規熱電材料の特性評価だけでなく,実用化に向けたデバイスの開発にも取り組み,その性能評価も行っている。

icn_sdgs_goals_07.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg

主な著書・論文

  • "High power factor in thiospinels Cu2TrTi3S8 (Tr = Mn, Fe, Co, Ni) arising from TiS6 octahedron network", Appl. Phys. Lett. Vol. 109, pp. 182110/1-5 (2016).
  • "Carrier concentration tuning in thermoelectric thiospinel Cu2CoTi3S8 by oxidative extraction of copper", J. Solid State Chem. Vol. 259, pp. 5-10 (2018).
  • "Thermoelectric Properties and Electronic Structures of CuTi2S4 Thiospinel and Its Derivatives: Structural Design for Spinel-Related Thermoelectric Materials", Inorg. Chem. Vol. 58, pp. 1425-1432 (2019).

主な国際・国内活動

  • 日本熱電学会会員
  • 日本物理学会会員
  • 応用物理学会会員
  • The ITS Outstanding Poster Award (ICT/ACT 2016)
  • 優秀講演賞 (第13回日本熱電学会学術講演会(2016))

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1