ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

本学学生がenPiTビジネスシステムデザイン分野ワークショップに参加しますNEWS & EVENT

投稿日:2019/02/07 お知らせ


 「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」は、情報技術を高度に活用して主体的に社会の課題を解決できる人材の育成を強化するために文部科学省が設置した事業で、情報技術のビッグデータ・AI、セキュリティ、組込みシステム、ビジネスシステムデザインの4つの分野において、実践的で身に付く魅力的なプログラムを全国の大学が協力して提供しています。

 本学はICTおよびIoTの技術を利用して社会の課題を解決する「ビジネスシステムデザイン分野」の連携校である山口大学の参加校として、山口大学(4チーム)、東京都市大学(1チーム)、宇部工業高等専門学校(1チーム)、大島商船高等専門学校(1チーム)らとともに8ヶ月間に渡り学習会や合宿に参加、学生自ら市場調査、事業計画書の作成を行い、アプリとして個人経営店向けのサービス券電子化システム「Uni-ca」を開発しました。

 昨年12月21日(金)に山口大学で開催された成果報告会では、8チームの中で最優秀チームに選ばれ、2月21日(木)に筑波大学にて開催される「ビジネスシステムデザイン分野ワークショップ」に参加して発表することとなりました。

 この度本学学生が開発したサービス券電子化システム「Uni-ca」は1月27日(日)に開催された第4回宇部オープンデータコンテストにも出展され、優秀賞を獲得。今後は宇部市と連携し、「Uni-ca」の実用化に向けて話し合いが進められるということです。

この「ビジネスシステムデザイン分野ワークショップ」はどなたでも聴講参加可能となっておりますので、ご興味のある方は是非登録フォームよりお申し込みの上、ご参加ください。

【概要】

・日時 : 平成31年年2月21日(木)13:00-18:00

・会場 : 筑波大学 春日エリア 情報メディアユニオン メディアホール・ユニオン講義室

詳細はこちら

DSC_0138.JPG DSC_0145.JPG

写真は昨年12月21日(金)に山口大学で開催された成果報告会の様子です