ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

公立諏訪東京理科大学と連携協定を締結しましたNEWS & EVENT

投稿日:2019/02/15 ニュース


 山陽小野田市立山口東京理科大学と公立諏訪東京理科大学(長野県茅野市)は、知的・人的資源の交流及び活用を図り、教育研究の充実、人材の育成、活力ある地域社会の形成に寄与することを目的として、包括連携・協力に関する協定を締結し、平成31年2月13日(水)に協定調印式を公立諏訪東京理科大学で執り行いました。
 
 調印式には、公立諏訪東京理科大学から唐澤範行理事長、河村洋学長、本学から池北雅彦理事長、森田廣学長が出席。協定書に署名を行い固い握手が交わされました。また、諏訪広域公立大学事務組合長の柳平千代一茅野市長が立会人として出席いただき、藤田剛二山陽小野田市長からの祝辞も代読されました。
 
 池北理事長は 「両大学は『理学の普及をもって国運発展の基礎とする』という同じ建学の精神を共有する姉妹校。立地する環境は異なるが同じ使命をもつ公立大学として学術だけでなく幅広い連携を行いたい」と挨拶し、森田学長は「地方共通の同じ課題があり、地方創生の同じ期待を持たれている公立大学同士。連携・協力を深め互いの違いを活かし合いたい。」と挨拶しました。
 
 また、柳平市長からのご挨拶と藤田市長からの祝辞では、両大学の発展はもとより設立団体である自治体間においても連携を進めたいとの期待が述べられました。

 この協定を機に、両大学の協力を一層深めていきたいと考えています。
 

 諏訪2.jpg 諏訪1.jpg
 握手を交わす森田学長、池北理事長、柳平市長、唐澤理事長、河村学長(左から)