ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

くすりの正しい飲み方 体験学習:小野田小にて開催NEWS & EVENT

投稿日:2019/02/20 レポート


 平成31年2月14日(木)、山陽小野田市立小野田小学校にて5年生を対象に「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う~ 体験学習 ~」を開催しました。これはNPO法人医薬品適正使用推進機構 (J-DO)、一般社団法人山陽小野田薬剤師会および山陽小野田市立山口東京理科大学による共催プロジェクトです。J-DO理事長の鍋島俊隆先生(藤田医科大)、間宮隆吉先生(名城大学)、毛利彰宏先生(藤田医科大)を講師としてお迎えし、本学の薬学部1年生ボランティアおよび和田光弘教授、武藤英紀准教授と共に児童の皆さんはクイズや実験を通して学んでいきます。児童の皆さんが目を輝かせながら、積極的にクイズに答え真剣に実験に取り組む姿が印象的でした。医薬品を安全・有効に使用するために、正しく服用することの意義を楽しみながら学んでいただけたと思います。

くすりの正しい飲み方1.jpg
クイズ形式での講義風景 

くすりの正しい飲み方2.jpg
学生ボランティアと児童の実験風景

くすりの正しい飲み方3.jpg
鍋島先生と本学薬学部 学生ボランティア

くすりの正しい飲み方5.jpg
学校薬剤師 上村先生(左)、鍋島先生(中央)、山陽小野田薬剤師会 藤原会長(右)