ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

外部講師によるリーダーシップ論を開講しましたNEWS & EVENT

投稿日:2019/10/17 レポート


 令和元年10月3日(木)、社会に巣立つ上で必要なリーダー資質を養い、将来像の構築や自身のキャリア開発にもつなげることを目的とした講義「リーダーシップ論」にて藤田剛二山陽小野田市長にご講演いただきました。

 今回の講義では「リーダーシップと人材育成」をテーマとし、企業経営における人材育成の実例を示しながら、志をもったリーダーに成長するために何が必要かを藤田市長にご講演いただきました。また、過去の偉人の生き様を例に取り、コミュニケーションを取り合う重要性、仕事の流儀及びチャレンジ精神についても語られ、特に、強い志をもって機敏に動く『志動』が大事であると熱く語られました。

 講義を聞いた約80名の本学学生には、藤田市長のご経験や強い思いである『志動』について少しでも多くの事を吸収していただきたいと思います。

IMG_7488_提供用2.jpg  IMG_7480_提供用1.jpg

同日、「地域技術学」という講義の初回授業において、山陽商工会議所の田中剛男会頭にご講演いただきました。

田中会頭からは、産業を取り巻く厳しい環境の変化について、以前は10年一昔と言われていたが、今は5年同じ事をやっている企業は無くなる、という説明がありました。また同じ一人の従業員であっても、中小企業にとっては、より大きな存在になり得ることから、学生に対して、山口県内にある中小規模の優良企業にも目を向けて欲しいというお話もありました。

学生からは、企業が求める人材についての質問があり、田中会頭からは、企業が探しているのは、発想力や着眼力の優れた人であるので、それを鍛えるために、日ごろから、漠然とではなく、意識的に見る、聞くことをして欲しいとの説明がありました。

田中会頭からのお話を踏まえ、地域技術学では、山陽小野田市内の企業8社が有する課題について、学生が解決策を考えていきます。

DSCN8021.jpg  DSCN8020.jpg