ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

「乾燥しても死なない細胞」の死の回避システムスイッチON!-Pv11細胞の乾燥耐性遺伝子発現制御ネットワークの発見-NEWS & EVENT

投稿日:2020/03/23 ニュース


2020/03/23

慶應義塾大学
山陽小野田市立山口東京理科大学
理化学研究所
農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

 慶應義塾大学理工学部生命情報学科の山田貴大助教と舟橋啓准教授、大学院理工学研究科の比企佑介(修士課程1年)、山陽小野田市立山口東京理科大学薬学部薬学科の広井賀子教授、カザン大学のElena Shagimardanova博士、理化学研究所のOleg Gusevユニットリーダー、農研機構のRichard Cornette上級研究員、黄川田隆洋主席研究員らのグループは、乾燥によってもたらされる死を回避し、水を与えられることで細胞分裂を再開するPv11細胞の乾燥耐性を構成するシステムである遺伝子間の制御関係、遺伝子発現制御ネットワークの同定を世界で初めて行いました。

 この結果、Pv11細胞は乾燥による死を回避するために、転写因子NF-YCとその下流のノイズ除去及びシステムのON/OFFを調節する遺伝子制御を用いて乾燥時における様々な障害を克服する遺伝子の発現誘導、すなわち乾燥耐性システムのスイッチをONにすることで対処していることを見出しました。これらの成果から、乾燥耐性システムを構成する転写因子のモジュールのうち、乾燥耐性を持たない別の生物で欠損しているものを遺伝子導入することで、乾燥による死から解放された新たな生命の創生が期待されます。

 本研究成果は学術雑誌PLOS ONEへの掲載に先立ち、同誌Webサイトにてオンライン速報版が3月19日(米国東部時間)に公開されました。

 プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

 プレスリリース全文