ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

市及び市教育委員会・市内高校と教育連携協定を締結NEWS & EVENT

投稿日:2020/11/05 お知らせ


 山陽小野田市、山陽小野田市教育委員会、厚狭高等学校、小野田高等学校、小野田工業高等学校、サビエル高等学校、山陽小野田市立山口東京理科大学は「学ぶ喜び、知る喜び」をテーマに、市、教育委員会、市内高校、大学が緊密な協力関係を築き、山陽小野田市域における小学校から大学までの一貫教育を目指し、進学支援活動、教育支援活動、生涯学習支援活動、その他教育連携の4項目で連携する「包括連携教育・協力に関する協定」を締結し、令和2年11月5日(木)に協定締結式を山陽小野田市役所にて執り行いました。  

 初めに、藤田市長から「この協力協定は、教育における共創による街づくりの理想的なモデルと考えている。この締結を機に本市が教育の街、学びの街とし、市民の方に向けても学びを通じて笑顔で暮らせることができるスマイルシティ山陽小野田を一緒に作っていきたい。」と挨拶しました。

 協定締結式では、藤田剛二山陽小野田市長、長谷川裕教育員会教育長、村山晋一校長(厚狭高等学校)、土井浩校長(小野田高等学校)、齊藤英一郎校長(小野田工業高等学校)、松原秀樹校長(サビエル高等学校)、望月正隆学長(本学)が協定書に署名を行い、固い握手が交わされました。

 最後に本学の望月正隆学長が「山陽小野田市は全国でも稀な、小学校・中学校・高等学校・大学が揃っている街であり、教育の街、人材育成の街です。市内における小学校から大学までの一貫教育を目指すことができます。学校教育と生涯学習が相乗的に合わさって児童・生徒・学生・そして市民の皆様が心豊かな生活を送るために、人生のどの段階においてもあらゆる機会に学習することができる、「緑の中でキラリと光る研究学園都市 山陽小野田市」となることを夢見ています。」と挨拶し、式を締めくくりました。

IMG_1839.JPG IMG_1844.JPG
挨拶をされる藤田山陽小野田市長                     署名を行う様子
無題.jpg
左から: 松原秀樹校長(サビエル高等学校) 土井浩校長(小野田高等学校) 長谷川裕教育長(山陽小野田市教育委員会) 藤田剛二市長(山陽小野田市)
村山晋一校長(厚狭高等学校) 齊藤英一郎校長(小野田工業高等学校) 望月正隆学長(山陽小野田市立山口東京理科大学)