ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

新型コロナ対策として全教室に「二酸化炭素濃度測定器」を設置しますNEWS & EVENT

投稿日:2021/08/30 お知らせ


令和3年8月30日

各 位

理 事 長  

新型コロナウイルスの感染防止対策として全ての
教室に「二酸化炭素濃度測定器」を設置します

 山陽小野田市立山口東京理科大学では、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、教室内の換気状況を確認する方法として、室内の二酸化炭素濃度が一定水準(目安1000ppm)を超えないように、室内の換気を調整するため、41室におよぶ全ての教室・実験室に「二酸化炭素濃度測定器」を設置いたします。

 本学では、既設の空気調和設備及び機械換気設備に加え、二酸化炭素濃度測定器を併用することにより、教室内の適切な換気を行い、学生が安心して授業を受けることができるよう環境の整備に努めます。

 設置時期:後期授業開始前の9月中旬までに設置完了予定