ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

「ほんものの科学体験講座」を須恵小学校で実施NEWS & EVENT

投稿日:2021/10/07 レポート


 「ほんものの科学体験講座」とは、山陽小野田市教育委員会との連携の下、山陽小野田市内の小・中学生を対象とする出前実験講座です。

 9月27日(月)、山陽小野田市立須恵小学校の6年生65名が、「ほんものの科学体験講座」を受講しました。  この日は薬学部薬学科の尾家重治教授と本学学生3名が講師を務め、「目に見えない生き物(微生物)について勉強しよう」について学びました。

 まず初めに、尾家教授から微生物は1mmの1,000分の1から10,000分の1ぐらいの大きさであることについて説明があり、児童は普段目では見ることのできない微生物を顕微鏡で1,000倍に拡大して観察しました。

 その後、私たちの体に住みついていている微生物は常在菌と呼ばれ、体に悪い微生物の侵入を防ぐ役割をしていることや、微生物が出す物質を利用して作られている薬がある等の説明があり、児童からは「ワクチンはなぜ何度も打つの?」「O157にワクチンはないの?」等いろいろな質問がありました。

 本日の体験を通じて、科学に興味を持ってくれる児童が一人でも増えてくれると幸いです。

須恵小ほんものの科学
須恵小ほんものの科学