ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

山口県立山口高等学校が本学にて「先端科学セミナー」を開催NEWS & EVENT

投稿日:2021/08/19 レポート


 令和3年8月18日(火)、山口県立山口高等学校理数科2年生40名が「先端科学セミナー」の一環で本学を訪れました。
 当日は、大学概要説明を受けたのち、電気工学科 穐本 光弘 講師の模擬講義「交通流の科学」を受講しました。環境に配慮した交通のために社会全体での交通の円滑化や自動運転技術などが重要ということを理解する機会となったようです。

大学概要説明の様子

大学概要説明の様子

模擬講義の様子

模擬講義の様子

 その後、5つの班に分かれて以下のテーマで実験を行いました。
  ・機械工学科:吉田 和司 教授「単振動-振動周期に関係する因子の解明-」
  ・電気工学科:柁川 一弘 教授「超伝導線の電気抵抗測定」
  ・応用化学科:白石 幸英 教授「金箔とうがい薬を使って、ウイルスより小さい金コロイドを作って見よう」
  ・薬学科①:沖田 直之 講師「身近な食べ物からDNAを取り出してみませんか?」
  ・薬学科②:和田 光弘 教授武藤 純平 准教授高田 誠 助教「実験から発光現象を学ぶ」

機械工学科での実験の様子

機械工学科での実験の様子

電気工学科での実験の様子

電気工学科での実験の様子

応用化学科での実験の様子

応用化学科での実験の様子

薬学科①での実験の様子

薬学科①での実験の様子

薬学科②での実験の様子

薬学科②での実験の様子

 3時間という長時間の実験でしたが、一生懸命に実験をし、学ぶことの多い時間となったようです。

 本セミナーで学んだことを今後の学びで活かしてくださると嬉しく思います。