ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

表彰Commendation

前のページへ戻る

平成29年度 学生表彰式

平成30年2月7日(水)12時15分
於 2号館1階 212教室

時間内容
12時15分 開式
12時15分

表彰状授与

学長挨拶

<最優秀賞>
  • 工学研究科工学専攻 博士課程 1年 髙井 貴生
  • 自動車部(学生フォーミュラチーム)

学生部長挨拶

<優秀賞>
  • 機械工学科 4年 吉田 賢市
  • 軟式野球部
<功労賞>
  • 学友会
  • クラブ活動運営委員会
  • 第23回竜王祭実行委員会
<奨励賞>
  • アメリカンフットボール部 BALL PYTHONS
  • 教育研究サークル
  • 住吉まつり龍舞ボランティア(学生宿舎有志)
  • 地域GIS活動ゼミ
12時50分 受賞者挨拶
  • 学研究科工学専攻 博士課程 1年 髙井 貴生
12時55分 記念撮影

最優秀賞

髙井 貴生(工学研究科 工学専攻 博士課程 1年)

日本学術振興会の特別研究員制度に申請した結果、平成30年度日本学術振興会特別研究員に採用されることが内定した。また、これまでに研究課題である「一方向性ポーラス銅を用いた省エネ冷却デバイスの開発と応用」に関する成果として、英論文2件、口頭発表6件(うち国際学会1件)、国際学会におけるポスター発表3件を発表し、そのうち日本原子力学会中国・四国支部第9回研究発表会では、優秀発表賞を受賞した。

自動車部(学生フォーミュラチーム)

学生フォーミュラチームに所属した28名の部員は、第15回全日本学生フォーミュラ大会に出場し2年連続の全種目完遂完走を果たし、94校中34位の成績で自動車部品工業会会長賞を獲得した。また、「山陽小野田市かがく博覧会」(9月24日)や宇部市の祭り(11月3日)、「図書館フェステバル」(11月26日)においてマシンの展示を行ない、地域の子供たちにものづくりの楽しさを伝える公立大学として、山陽小野田市立山口東京理科大学の広報活動にも大きく貢献した。

優秀賞

吉田 賢市(機械工学科 4年)

第33回全日本杖道競技大会の初・二段の部において、準優勝の成績を収めた。該当する課外活動団体などは無く個人での参加であったが、卒業研究に勤しむ中、土日を練習にあてるなどし、地道に努力した結果、栄誉ある成績を収めた。

軟式野球部

所属部員39名という大所帯のクラブでありながら、薬学部校舎建設によりグラウンドが使えない状況の中、他の施設を練習の場として活動し、予選を勝ち抜いた結果、第33回山口県知事杯軟式野球大会(二部)山口県大会において三位の成績を収めた。

功労賞

学友会

今年度より活動を始めたばかりであるが、学友会活動を活発化するため、キャンパスクリーンキャンペーンに積極的に参加し、マナー向上キャンペーンでは清掃しながら喫煙マナー向上を呼びかけた。月1回開催している学友会本部会議では、今後の学友会運営の道筋をつけるべく意見をまとめ、今後の学生活動活発化の一助となった。

クラブ活動運営委員会

春と秋のスポーツ大会の企画・準備・運営に主体的に取り組んだ。薬学部校舎建設によりグラウンドが使用できない中、例年1回開催するスポーツ大会を今年度は2回開催する等、より多くの学生が参加できるように努め、学生間の親睦を深める場としての大会を見事に成功させた。

第23回竜王祭実行委員会

今年度の第23回竜王祭は「Catch the Moment」をテーマに揚げ、企画・準備・運営に取り組んだ。このテーマには「その瞬間を掴め、逃すな」という意味があり、竜王祭の盛り上がる瞬間を来場者の方々に大いに楽しんでもらい、逃さないでほしいという思いが込められている。当日は声優をゲストに迎えたトークショーや、学生応援歌を作詞作曲したソルジェンティ、地元で活躍するアイドルグループのオレンジ☆みるふぃ~ゆのライブ、地域団体や自衛隊による演舞等、趣向を凝らした多彩な企画でステージや観客を盛り上げた。また、地域の幼稚園や保育園の園児たちの作品展示等、地域の方々との交流の場を積極的に設けた。薬学部校舎建設による駐車場不足もシャトルバスで対応し、大きな混乱や事故もなく学園祭を無事に成功させた。また、竜王祭実行員会は、「復活!住吉まつり」等の地域行事にも積極的に参加し、地域事業に大いに貢献した。

奨励賞

アメリカンフットボール部 BALL PYTHONS

所属部員34名で、そのほとんどがアメリカンフットボール未経験者であるものの、日々の活動や山口大学や九州工業大学等との合同練習により、活発に活動した結果、中四国秋季リーグに出場できるレベルにまで成長し、山陽小野田市立山口東京理科大学の代表として他大学との交流を深めた。

教育研究サークル

教育ボランティアとして、年間を通して定期的に山陽小野田市内小中学校の現場に赴き、先生方の補助教員的立場から児童・生徒の教育指導を行い、本学の地域貢献の一つとして定着してきた。また昨年に続き、今年も県立教諭2名(含既卒者1名)、私立教諭1名の合格者を輩出した。

住吉まつり龍舞ボランティア(学生宿舎有志)

住吉まつり龍舞ボランティアは、住吉まつり復活委員会からの要請に応え、学生宿舎の1年生を中心に結成された。今年で5年目となる「復活!住吉まつり」に向け、4月下旬から体育館で毎週練習を重ね、当日は小野田工業高校から住吉神社までの沿道をパレードし、メインステージでは大勢の観衆の前で勇ましい龍舞の演舞を披露した。華麗に舞う龍の姿に場内からは拍手が沸き起こり、観衆たちを魅了した。大学代表として住吉まつりに参加し龍舞を披露したことは、地域との確かな絆を深め、地元に愛される大学として地域社会に大いに貢献した。

地域GIS活動ゼミ

電気工学科有志により構成された地域GIS活動ゼミは、地域課題の発展に向けて、収集した地域の情報を電子地図に追加する試みを行なっており、市内各所の電子地図を完成させた。さらに、LINKtopos 2017 in Osaka(平成29年度公立大学学生大会)に本学代表として参加し、地域GIS活動の取り組みについて発表、好評を得、山陽小野田市立山口東京理科大学の名誉を高めた。

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ