ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

学生相談室・保健管理センターStudent clinic/Health management center

前のページへ戻る

学生相談室

学生相談室について

悩みや不安を気軽に相談

大学生活で悩んだらココへ。授業のこと、課外活動、進路のこと、悩みや不安は抱え込まないで相談して。また、心身の健康については月1回来学する専門医がカウンセリング。プロのアドバイスが受けられます。


学生からはこんな相談が!

  • 学業について
  • 課外活動の取り組み方
  • 対人関係の相談
  • 将来の職業・進路の相談
  • 心身の健康について
  • 日常生活で困ったこと
  • その他なんでも

※誰かに相談したいと思った時にはためらわずに『学生相談室』へ
あなたの相談については固く秘密を守ります。


臨床心理士による心理相談

臨床心理士は、皆さんの問題解決を心の面からサポートします。
面接は、月~木の10:00~17:00(月のみ16:00まで)に行っています。


メンタルの悩みは

精神面の専門医も相談スタッフとして、月1回来校し学生相談室において相談を受け付けています。相談日時については、リーフレットまたは掲示に記載されていますので、ご覧ください。


障がいのある学生への支援

障がいの有無にかかわらず、すべての学生が、尊重しあいながら、充実した学生生活を送ることができる環境づくりを目指しています。障がい等の理由で修学支援を希望する方は、教務課窓口までご相談ください。担当する臨床心理士は金曜日(10:00~18:00)に来学しています。なお、障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領はこちらをご参照ください。

〜ひとりで悩んでいませんか〜


相談したい時は

◎『学生相談室』(6号館1階)へ

※開室日時等の詳細については、リーフレットまたは掲示にてお知らせしますので、ご覧ください。可能な限り、その場で相談に応じます。友人や家族と一緒でも結構です。

予約方法

  • メール(soudan@admin.socu.ac.jp)
  • 学生相談室前の専用ポストにメモを投函
  • 保健管理センターに来室
  • 保健管理センター(電話0836-88-4507)、学生係、チューターの先生を通しての予約

保健管理センター

画像:保健管理センター

保健管理センターでは、健康相談・健康診断を通して、病気の予防や早期発見を行い、より良い学生生活を送れるように援助します。また、応急処置や医療機関の紹介等も行います。
場所:2号館1階入口横


利用案内

  • 開室は、土・日・祝日を除く9:00〜17:00。(業務の都合上、閉室する時があります。)
  • 保健師が応対します。
  • 校医診察は、木曜日の12:30〜13:00に行っています。
  • 健康相談、創傷の応急処置、専門的な治療が必要な場合は各医療機関を紹介しています。
  • 健康管理のための測定コーナー(身長、体重、血圧、体脂肪率)があります。

健康診断

  • 異常を早期発見し、早期に治療することができます。
  • 自分の健康状態を客観的に把握し、日常生活を見直すきっかけにしてください。
  • 毎年4月に行っています。この健康診断は学校保健法で全学生の受診が義務付けられています。
  • 詳細は『入学のしおり』や『新学期行事予定』等でお知らせします。
  • 進学、就職等で必要となる『健康診断証明書』は、健康診断を受けていないと発行できません。注意してください。

健康保険証について

  • 自宅以外から通学している学生は、突然のケガや病気に備えて「遠隔地被保険証」を必ず取り寄せておいてください。この保険証は「在学証明書」を親元に送付し、親の勤務先又は役所に申請して交付を受けてください。
  • 自宅から通学している学生は、保険証の記号、発行機関等の控えを用意して携帯してください。

その他の相談

学生部委員による学生相談について

チューターの先生が不在等で相談できないときは、学生部の先生に相談できます。学業や進路、クラブ活動、健康、対人関係など、大学生活全般の悩みについて相談を受け付けます。担当教員や場所については、掲示をご覧ください。


ハラスメント相談窓口について

◎相談窓口は教務課(1号館1階)

本学では、学生の皆さんが個人として尊重され、研究や修学に係る良好な環境が維持されるよう努めています。

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ