ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

風早 悟史Satoshi Kazahaya

前のページへ戻る

風早 悟史

氏名 風早 悟史
ふりがな かざはや さとし (Satoshi Kazahaya)
職名 講師 (Junior Associate Professor)
学位 博士(学術)
専門分野
  • ラフカディオ・ハーン研究
  • 翻訳研究
略歴
  • 三重大学人文学部文化学科 卒業
  • 三重大学大学院人文社会科学研究科 修了(修士)
  • 神戸大学大学院人文学研究科 修了(博士)
  • くらしき作陽大学非常勤講師
  • 三重大学人文学部特任准教授(教育担当)

広井 賀子

主な研究課題

小泉八雲の名前でもよく知られている作家ラフカディオ・ハーンを中心に研究しています。ギリシャに生まれ、アイルランドとイギリスで幼少年期を過ごし、アメリカ合衆国と日本で新聞記者や作家として活躍したハーンは、その起伏に富んだ人生にふさわしい多彩な作品を残しました。英米文学や日本文学の枠を越えてアプローチできることがハーン研究のおもしろさです。現在はハーンの作品がどのように日本語に翻訳されてきたのかということに関心を持っています。ハーンの邦訳の歴史は長く、「耳なし芳一の話」や「むじな」など有名な作品にも複数の訳が存在します。日本を描くハーンの文章は新しい世界に触れた時の興奮と喜び、そしてそれらを西洋の読者に伝えるための工夫や英語ならではのしかけに溢れています。それを日本語に翻訳すると何が起こるのか、翻訳によってどのようなハーン像が形成されるのかということを研究しています。


主な著書・論文

  • 「Mujinaと貉―ラフカディオ・ハーン "Mujina" の翻訳をめぐって」『比較文化研究』第115号,2015年.
  • 「『赤い鳥』のラフカディオ・ハーン―茅原順三 (森三郎) 「赤穴宗右衞門兄弟」を通して―」『PHILOLOGIA』第48号,2017年.
  • 「ラフカディオ・ハーンの邦訳研究―平井呈一訳「耳なし芳一のはなし」の功罪―」『比較文化研究』第130号,2018年.

主な国際・国内活動

  • 日本英文学会 会員
  • 日本アメリカ文学会関西支部 会員
  • 日本比較文化学会 会員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1