お問合せお問合せ

資料請求資料請求

トップに
戻る

地域のキーパーソンを育てる山口東京理科大学

検索

資料請求

お問合せ

交通アクセス

薬学科Department of Pharmaceutical Sciences

薬学をとおして人の健康を守り、地域に貢献

薬学科は、薬学全般にわたる幅広い知識と技能を備え、病院や薬局などの医療現場等で活躍することのできる高度な問題解決能力と
ヒューマニティを合わせもった薬剤師の養成と、創薬や健康な社会創りを目指した
薬科学の発展を担う創薬研究者・技術者、健康社会を実現する薬学士を育成します。

薬学科学科画像01
薬学科学科画像02
薬学科 学科主任 和田 光弘

薬学科では、薬学教育モデル・コアカリキュラムを基に、薬剤師として求められる基本的な資質を体系的に身につけられるよう、基礎から先端薬学を網羅した95の専門科目による独自のカリキュラムを編成しています。皆さんが本学での学びを通して豊かな人間性と高い倫理観、探求心・研究心を持った薬剤師・薬学人となり、医療・臨床薬学、創薬科学および社会健康薬学の領域で皆さんが思い抱くキャリアデザインを実現できるよう経験豊かな教員が全面的にバックアップします。

薬学科 学科主任和田 光弘WADA, Mitsuhiro

3つのポリシー

ライン

アドミッション・ポリシー

こんな学生を待っています!

  1. 大学の理念を十分理解している人を求めます。
  2. 高等学校教育課程もしくは同等の学習内容を修了し、薬学に関する基礎的及び専門的知識を身に付ける上で十分な学力を有している人を求めます。
  3. 薬学をとおして人の健康を守るという高い志と研究心・倫理観の習得を目指し、山口県地域をはじめとして日本全国で活躍したいと願う人を求めます。
  4. 薬剤師養成の学部であることに鑑み、薬剤師としての業務への意欲を持ち、将来的に研究心を持った薬剤師へと成長したいと願う人を求めます。
アドミッション・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー
  1. 大学の理念に基づいて薬学部が定める教育目標を実現するための教育課程を編成する。
  2. 高い倫理観と研究心を持ち、薬学をとおして人々の健康を守るという志と自己研鑽力を持った人材を育成する。その基本理念を実現するため、教育課程を編成する。
  3. 入学時から卒業時まで一貫して薬剤師・薬学人として、豊かな人間性と高い倫理観を持ち、患者本位の視点で人の命と健康な生活を守るという使命感と責任感を醸成する。
  4. 「一般科目」では、自然科学・人文科学の各分野を広く俯瞰した上で、人命を最大限に尊重することのできるヒューマニティ豊かな人材を育むことを目的とする。その上で、語学力・コミュニケーション能力を身に付けることを目的として教育を実施する。
  5. 薬剤師・薬学人の知識の基盤となる基礎薬学の科目の修得を重視する。十分な基礎的な科学力の土台の上に専門性の高い科目を設定する。
  6. 「専門科目」では、講義科目に加えて、多くの実習・演習等の関連科目を効果的に組み合わせることにより、薬学の各専門分野に関する知識と技能・態度を深化させる。チーム医療を想定したスモールグループディスカッションを効果的に取り入れ、能動的な講義が中心になるよう編成する。
  7. 地域の医療に貢献できる人材を養成するため、医療機関や地域における医療チームに積極的に参画し、薬物療法における実践的な能力を高めるとともに、相互の尊重のもとに薬剤師に求められる行動を適切に取れるよう指導する。
  8. 卒業研究を充実させ、全教員が協力し、最先端の薬学研究にさまざまなアプローチから取り組む体制を構築する。卒業研究を通して教育能力・研究能力を持ち、問題解決能力の高い人材を養成する。

ディプロマ・ポリシー

  1. 薬剤師・薬学人として活躍できる教養と倫理観、基本的な知識・技能を身に付けている。
  2. 薬剤師・薬学人として薬学に関する知識と研究心(研究能力)を身に付け、問題発見・解決能力を身に付けている。
  3. 薬剤師・薬学人として必要なコミュニケーション能力を身に付けている。
  4. 薬剤師・薬学人として地域貢献をはじめとして広く社会に貢献する意欲を身に付けている。
ディプロマ・ポリシー

学科の特色

ライン

3つの学びの領域

学科の特色

薬の専門家として、医療・臨床の場で、問題・課題を科学的に研究・実践し、医療の向上に努めます。

学科の特色

主に有機化学系、物理化学系、生命科学系の研究室が治療薬開発のために基礎及び応用研究を展開します。

学科の特色

人の健康をサポート薬学的な知識・学問を総動員し、病を未然に防ぎ、生活習慣病など病気にならないようにします。


学習・教育目標

薬学科では、10の学習・教育目標をかかげて
教育プログラムを編成しています。

学習・教育目標

目標1薬剤師としての心構え

薬の専門家として、豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識をもち、薬剤師の義務及び法令を遵守し、人の命と健康な生活を守る使命感、責任感及び倫理観を育てます。

目標2患者・生活者本位の視点

患者の人権を尊重し、患者及びその家族の秘密を守り、常に患者・生活者の立場に立って、これらの人々の安全と利益を最優先する薬剤師を育成します。

目標3コミュニケーション能力

患者・生活者、他職種から情報を適切に収集し、これらの人々に有益な情報を提供するためのコミュニケーション能力を身につけます。

目標4チーム医療への参画力

医療機関や地域における医療チームに積極的に参画し、相互の尊重のもとに薬剤師に求められる行動を適切にとることのできる能力を身につけます。

目標5基礎的な科学力

生体及び環境に対する医薬品・化学物質等の影響を理解するために必要な、科学に関する基本的知識・技能・態度を習得します。

目標6薬物療法における実践的能力

薬物療法を総合的に評価し、安全で有効な医薬品の使用を推進するために、医薬品を供給し、調剤、服薬指導、処方設計の提案等の薬学的管理を実践する能力を育てます。

目標7地域の保健・医療における実践的能力

地域の保健、医療、福祉、介護及び行政等に参画・連携して、地域における人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献する能力を身につけます。

目標8研究能力

薬学・医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見・解決能力を身につけます。

目標9自己研鑽力

薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を把握し、生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲と態度を育みます。

目標10教育能力

次世代を担う人材を育成する意欲と態度を育みます。

カリキュラム

ライン

6つの系統と21の分野

カリキュラム
カリキュラム
カリキュラム
カリキュラム
カリキュラム
カリキュラム
カリキュラム

卒業に必要な単位数と取得できる学位

取得できる学位
取得できる学位

実務薬学授業について

薬剤師国家試験の受験資格を得るためには、病院や薬局での実習が義務づけられています。
この実務薬学実習は5年次生の必修科目で、病院実習(11週間)と薬局実習(11週間)の合計22週間行われます。

実務薬学授業について

病院実習(11週間)

病院薬剤師の業務と責任を理解し、チーム医療に参画できるようになるために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師業務に関する基本的知識、技能、態度を修得します。

<実習項目(実務実習モデル・コアカリキュラム)>
  • 臨床における心構え、安全管理
  • 病院実習導入
  • 医薬品の調製
  • 医薬品管理
  • 病棟業務実践

薬局実習(11週間)

薬局の社会的役割と責任を理解し、地域医療に参画できるようになるために、保険調剤、医薬品などの供給・管理情報提供、健康相談、医療機関や地域との関わりについての基本的な知識、技能、態度を修得します。

<実習項目(実務実習モデルコアカリキュラム)>
  • 臨床における心構え、安全管理
  • 薬局実習導入
  • 内服・外用薬・注射薬調剤
  • 藥物治療支援業務実践
  • 地域における保健衛生活動・災害時医療

薬学部棟紹介

ライン

最先端の設備が整った薬学部の教育・研究の拠点施設

薬学部棟となる6号館と7号館には、6年間を過ごすことになる薬学部の教育・研究の拠点として、
さまざまな最先端の設備が整っています。共に5階建ての両棟は渡り廊下で繋がっており、
薬学部に特徴的な薬剤調剤室、製剤実習室、無菌製剤室、プレナリーセッション室、質量分析室等の施設の他に
講義室、実習室、自習室が完備されています。

薬剤調剤室

薬剤調剤室

処方せんに記載された患者情報や薬剤、用法、用量をもとに事前監査、疑義紹介、計数・計量調剤や調剤後の監査、薬剤交付の方法や服薬説明について学びます。

無菌製劑室

無菌製剤室

注射剤の調製環境である無菌室やクリーンベンチ内での操作を学び、高カロリー輸液の混合調製に関わる知識や技術を習得します。

621教室

621教室

患者情報や検査値データなどの基礎情報をもとに教員と学生でロールプレイを行い、患者の状況に応じた服薬説明ができるようなトレーニングを行います。

分析センター

質量分析室

質量分析室では、高性能な機器を取り揃え、科学技術の水準を向上させることで、世界最先端の独創的な研究を支えています。

コンピューターラウンジ3

コンピュータラウンジ3

いつでもパソコンを利用できる施設です。グループでの議論のほか、授業の課題や実験レポートの作成など、自由な学びの場となっています。

プレナリーセッション室

プレナリーセッション室

中央の講義スペースで全体討議を行い、周囲を囲む15室ものディスカッションルームに分かれ、グループ討議を行うことができます。

取得可能な資格および免許等

ライン

薬学の正規の課程を修めて卒業した者に与えられる受験資格

薬剤師国家試験受験資格

危険物取扱者(甲種)試験受験資格

薬学の正規の課程を修めて卒業した者に与えられる資格及び免許等

環境衛生指導員

環境衛生監視員

食品衛生管理者

食品衛生監視員

食品衛生責任者

毒物劇物取扱責任者

高度管理医療機器等営業所管理者

再生医療等製品営業所管理者

特定管理医療機器営業所管理者

薬剤師のみが行える業務(独占業務)

調剤業務

保険薬剤師の業務

薬局の管理者

医療用医薬品の販売業務

第一類医薬品の販売業務

医薬品卸売業者の営業所管理者

医薬品製造販売業における総括製造販売責任者

医薬品製造管理者

医薬部外品の製造所における責任技術者

配置薬の配置販売業務

配置薬販売業の区域管理者(第一類医薬品)

学校薬剤師

薬剤師が行える主な専門業務等

第二類及び第三類医薬品の販売業務

一般用医薬品店舗販売業の店舗管理者

配置薬販売業の区域管理者(第二類及び第三類医薬品)

医薬部外品および化粧品の製造販売業における総括製造販売責任者

化粧品の製造所における責任技術者

医療機器の製造所における責任技術者•藥事監視員

麻薬管理者

麻薬取締官

向精神薬取扱責任者

放射線取扱主任者(医薬品等の製造に関わる業務に限る)

計量士(環境計量士一濃度関係)(認定講習が必要)

作業環境測定士(業務に際し講習と登録が必要)

第一種衛生管理者免許

労働衛生コンサルタント受験資格

介護支援専門員(実務経験が必要)

弁理士国家試験科目免除(一部)

飼料製造管理者(業務に際し講習が必要)

※これらの業務には薬剤師免許の他、大臣や知事の任命が併せて必要なものが含まれます。例えば、薬事監視員になるためには、薬剤師免許の他、国家公務員又は地方公務員となって薬事に関する業務経験を積んだ後、厚生労働大臣又は知事の任命を受けることが必要です。

卒業後に目指すフィールド

ライン

卒業後に広がる、活躍できるフィールド

薬学部卒業後には、3つの特色【くすりを使う】【くすりを創る】【やまいを予防する】の
役を担ったフィールドが多岐にわたり、活躍する場も広がります。
また、関わりある機関や組織等と連携し、協力し合いながら学の教育と研究を進めることで社会において、
リーダー・キーパーソンとしてさらなる飛躍もめざすことができます。

01 病院・薬局

薬剤師として医機の現場で調剤、服薬指導、医薬品の管理などを行います。さらにチーム医療の一員として、僕業務や地域医様への貢献を行います。

職種

病院薬剤師

保険薬局薬剤師

医薬品卸販売業管理者

製薬企業医薬品管理者

02 製薬企業

薬を創り、世に送り出すために薬の作用や安全性を確かめ、医療現場で使用できるよう様々な試験を行います。研究、開発、製造、学術、品質管理など幅広い分野で活躍します。

職種

創業研究者

生産技術者

医薬品製造管理者

医薬品開発者

医薬品情報担当者

03 教育・研究機関

大学の教員として、また研究機関の研究者として未来の薬剤師の育成や薬学に関する基発・応用研究を行います。

職種

大学教員

研究機問研究員

04 官公庁

公務員として、厚生行政、医薬・薬事行政、食品衛生、保健衛生などの仕事をして国民の健康福祉に貢献します。

職種

厚生労働省職員

農林水産省職員

特許庁職員

麻薬取締官

薬事行政職員

医薬品医療機器 糖合烟職員

05 化学・食品系企業

薬学の知識や技術を活かし、化学産業、食品産業、化品産業など幅広い分野の企楽で、研究・開発・生意・管理・営業などの担当として活躍します。

職種

化学企業

重品企業

化粧品企業

バイオ関連企業

診断メーカー

薬学科の教員情報は下記からご確認ください。

お問合せ:
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1

TEL0836-88-3500