ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

薬学部Faculty of Pharmacy

前のページへ戻る

学部長からのメッセージ

 地域に貢献する日本一の薬学部を創ることを目標に、大学の教職員を核に山陽小野田市はもちろんのこと、山口県の関係者が加わった大きなチームが協力して開学の準備を進めてきました。この度、平成30年4月から新入生120名を迎え、新校舎を中心に教育研究を開始しました。今後、大学と地域が一丸となって山口の地に、日本の薬学部のモデルになるような特色ある薬学部を創り、「薬学をとおして人の健康を守る」ことを目指して、地域の発展、ひいては日本の発展に貢献していきたいと思います。
 本薬学部では、人間性豊かで倫理観が強く、地域に貢献できる質の高い薬剤師を養成します。研究心・研究能力を持ち、臨床の場で、さらに産・官・学の場でリーダー・キーパーソンとして諸課題に積極的に取り組み、活躍する人材を養成することを目標とします。

画像:学部長 武田 健

山陽小野田市立 山口東京理科大学
薬学部 学部長

武田 健
Ken Takeda

職 歴
東京大学大学院薬学研究科博士課程修了。薬学博士(東京大学)、医学博士(昭和大学)。昭和大学医学部生化学教室助手、講師、助教授、1995年東京理科大学薬学部教授に着任。薬学部長、研究科長、学校法人東京理科大学理事、副学長を歴任。2017年4月より山陽小野田市立山口東京理科大学薬学部設置準備室教授に着任し、現在に至る。専攻分野:環境衛生化学。薬剤師。

薬学をとおして人の健康を守る

画像:薬学をとおして人の健康を守る
薬学部は、「薬学をとおして人の健康を守る」という高い志と倫理観・研究心を持ち、薬剤師資格を得た優れた薬学人を養成し、もって山口県を中心とする地域に貢献することを目的とします。公立大学の薬学部として、健康医療に係る地方創生の課題に積極的に取り組み、教育研究を通して人びとの健康増進と地域の発展に貢献します。
画像:体系的な4年間の教育システム

薬学部の教育課程

薬学部では、薬学教育モデル・コアカリキュラムを適用した教育課程を編成し、薬剤師として求められる基本的な資質を体系的に身につけます。4年次から研究室に所属し卒業研究に取り組み、豊かな人間性と高い倫理観、研究心を持った薬剤師・薬学人を養成します。

学生が身につける基本的な資質

1. 薬剤師としての心構え
2. 患者・生活者本位の視点
3. コミュニケーション能力
4. チーム医療への参画力
5. 基礎的な科学力
6. 薬物療法における実践的能力
7. 地域の保健・医療における実践的能力
8. 研究能力
9. 自己研鑽力
10.教育能力

学科構成

薬学科

画像:薬学科

薬剤師として必要な基礎的な科学力や薬剤師としての心構えなどの実践能力、研究・教育心を養い、薬剤師・薬学人として広く社会に貢献できる力を身につけます。

薬学科は、入学者全員が薬剤師免許を取得することを前提に、医療・臨床の現場で薬の専門家として問題や課題を科学的に研究・実践する「医療・臨床薬学」、主に有機化学系、物理化学系、生命科学系の3つの分野の研究室で、治療薬開発に必要な基礎及び応用研究を行う「創薬科学」、薬学的な知識を生かし、生活習慣病などのさまざまな疾病を予防する手段を探ることで人々の健康をサポートする「社会健康薬学」の3領域で活躍できる人材養成をめざしています。

薬学部ウェブサイトはコチラ

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1