ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

応用化学科Applied chemistry

前のページへ戻る

化学の力で人と地球に優しい物質を開発する

化学の力で人と地球に
優しい物質を開発する

応用化学科は、理学と工学の幅広い知識と技術を基盤とし、物質と環境に視点をおいた教育研究を通して、人々が安心して安全に生活ができる社会の持続的構築に貢献します。この学科使命・目的を達成するため、化学を基軸として物理学や生物学の関連分野及びそれらの学際領域において、自然真理の探究から応用技術の創出にわたる先導的研究を遂行するとともに、物質・材料・環境・生命の分野に関連する総合的知識と問題発見・解決力と表現力、技術者倫理を備えた国際感覚豊かな科学技術者を育成します。

学習・教育目標

応用化学科の知の広場で培う、化学技術者に求められる
確かな基礎学力と豊かな専門学力

応用化学科では、6つの学習教育目標をかかげて学士課程の教育プログラムを編成。これらの目標を達成した学生は、人間性豊かな化学技術者に必要な「確かな基礎学力」と「高度な専門知識」を修得した証として、学士(工学)の学位を取得します。

目標A 広い視野での社会観と責任能力を持つ技術者の養成

世界には多様な人種、文化、習慣、価値観などがあることを理解し、自分たちの文化や価値観だけでなく、他者の立場からも物事を考えることができる能力とその素養を身につける。さらに、技術者の立場から技術が社会や自然に及ぼす効果・影響を正しく理解し、技術が社会に負うべき責任感を身につける。

目標B コミュニケーション能力の養成

日本語及び英語による口頭や文章での論理的表現能力を培い、プレゼンテーションや討論の方法を習得することにより、国際的に通用するコミュニケーションの基礎能力を身につける。

目標C 数学、自然科学、情報技術の知識の習得

数学、物理学、化学などの自然科学を基幹基礎科目として学びながら、情報技術、コンピューター利用技術を身につけ、それらを応用化学の諸問題に適応できる能力を身につける。

目標D 化学の実験的技術と計画的実践力の習得

実験・実習を行う目的を明確にして、与えられた制約の下で計画的に実験を行い、まとめる能力を身につける。機器の操作技術、データ取得技術、データ処理技術、報告書作成技術を習得するとともに、問題を発見・考察する能力も培う。

目標E 化学の専門的知識と応用力の習得

物理化学・物質デザイン系、無機化学・環境サイエンス系、有機化学・生物システム系に関する知識と、それらを問題解決に応用できる能力を身につける。

目標F デザイン能力の養成

課題発見・解決力、実践力、デザイン能力などを養い、理解して得た知識・手法を実験による確認を通して明確にし、課題解決に応用する能力を育成する。特に「卒業研究」では、問題の設定・解決能力、結果・経過の判断・評価能力、研究成果の報告・発表能力、協調性や自己管理能力を身につける。

学びの領域

共通科目

★は必修科目です。

基幹基礎

  • 基礎数学
  • 基礎物理
  • ★基礎化学
  • ★線形代数I
  • ★微分積分学及び演習
  • ★物理学I及び演習
  • ★物理学実験
  • ★コンピュータ演習I・II

専門基礎

  • ★工学数学及び演習
  • ★物理学II及び演習
  • 線形代数II
  • ★化学
  • ★化学実験
  • 生物学
  • 地学I・II
  • 地学実験

一般

  • ★英語科目
  • 人間科学科目(一部、必修)
  • 教職科目

専門

  • ★有機化学実験
  • ★物理化学実験
  • ★無機分析化学実験
  • ★応用物性実験
  • ★生体物質化学実験
  • ★卒研輪講
  • ★卒業研究
  • 化学工学
  • 化学工学演習I・II
  • 環境工学セミナー
  • 応用化学入門
  • 応用化学特別講義A・B
  • 界面科学
  • インターンシップ
  • 科学英語・発表技術
  • 経営工学
  • 特許法
  • デザイン工学
  • 地域産業論
  • 感性工学
  • リーダーシップ論
  • 地域技術者

有機化学・生物系

  • 有機化学I・II
  • 有機化学演習
  • 有機合成化学I・II
  • 有機工業化学
  • 生化学I・II
  • 生物物理学
  • 分子生物学基礎
  • 分子生物学I・II

物理化学・物質系

  • 物理化学I・II
  • 物理化学演習
  • 量子化学
  • 構造化学
  • 物性工学I・II
  • 高分子科学I・II
  • 機能性有機材料
  • 電子材料

無機化学・環境系

  • 無機化学I・II
  • 無機化学演習
  • 無機合成化学
  • 無機材料化学
  • 機器分析
  • 分析化学
  • エネルギー化学
  • 結晶構造

JABEE認定教育プログラム「応用化学コース」

応用化学科の教育プログラム「応用化学コース」は、日本技術者教育認定機構(JABEE)からJABEE技術者教育プログラムとして認定されました。応用化学コースの修了生は、技術者として必要な教育を修了したことが国際的に認められ、修習技術者の資格が与えられます。また技術士第一次試験が免除され、登録することによって技術士補の資格が与えられます。 JABEEについて

学びの内容

有機化学・生物系

有機工業化学

有機化学、有機合成化学などの科目で、有機化合物の構造と性質の関係や反応を体系的に学び、合成デザインを通じて、無機化学や物理化学との総合的な理解ができます。また、生化学や分子生物学など生命科学分野も学ぶことができます。

無機化学・環境系

無機合成化学

無機化学、無機合成化学などの科目で、多様な元素の性質や反応を学び、無機材料化学やエネルギー化学で、有機化合物以外の全てを網羅する無機化学分野の専門性を深めます。さらに、環境・資源問題への化学的な視点を学びます。

物理化学・物質系

物理化学I

物理化学、量子化学、構造化学などの科目で、物質の性質や化学現象を論理的に考察する基礎を身につけます。これらは物性工学や高分子科学、機能性材料系の科目において、より具体的な専門分野へと発展的に理解を拡げます。

学びのステップ

1年次

化学の魅力に迫る

習熟度別のクラス授業を通して、化学、物理学、数学の基礎学力を修めます。さらにコンピュータ活用力やキャリア開発力、英語の基礎力なども培います。


2年次

専門科目への導入教育

基礎から専門へブリッジする役割を担う専門基礎の講義とともに、実践授業を重視する教育ポリシーに基づいて無機分析化学と有機化学の専門実験が始まります。さらにマネージメント力やコミュニケーション力なども育みます。


3年次

細分化された専門領域へ

「無機化学・環境系」「有機化学・生物系」「物理化学・物質系」の領域の中から、関心のある領域の専門科目とともに、他の領域の専門科目も修得し幅広い専門知識を修めます。さらにJABEE認定「応用化学コース」の履修を選択します。


4年次・卒業研究

集大成としての卒業研究

研究室の指導教員のもとで「卒業研究」を修得します。1年間の卒業研究で学べる能力は、デザイン力、問題発見力と解決力、解析力と総合力、発表力など多岐にわたります。卒業研究の成果を年度末に発表します。

関連する主な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 修習技術者
  • 技術士補 
  • 技術士
  • 危険物取扱者
  • 毒物劇物取扱責任者 
  • 環境計量士
  • 公害防止管理者

卒業後の進路

  • 化学工業、医薬品製造、化粧品製造分野等における技術者
  • セラミック製品、鉄鋼・金属製品、デバイス製造分野等における技術者
  • 石油製品・プラスチック製品・繊維・衣料分野等における技術者
  • 国家公務員、地方公務員における技術者
  • 化学・工業化学・応用化学に関する研究者
資料請求 入試日程 学習サポート

在学生の声

画像:栗山 鮎美さん
栗山 鮎美さん
応用化学科4年 白石研究室
福岡県 筑紫女学園高校出身

失敗があってからこその成功、その先にある成長

高校卒業後の留学から帰国後、進学先の大学を探し、入学試験に関する情報を収集しており、自分の経験を活かすことのできるAO入試を利用しました。合格できたときには、面接で聞いていただいた自分の熱意が伝わったのだと嬉しく思いました。応用化学科での4年間で、身をもって実感できたことがあります。それは、実験は理論通りに進むとは限らないということです。実験の計画をたてたときは、容易に成功するはずだったのに、実際には失敗することが多々ありました。その都度、どうして?どうしたら?と原因と改善点を調べ、考察したことをレポートにまとめ、実験技術の向上も必要であると知りました。実験を繰り返すうちに、物事をどうすれば効率よく進められるかと計画を立てれるようになったことは、自分自身の成長へも繋がりました。就職することは3年次の3月に決め、活動を始めました。苦労もありましたが、希望の職業に就くことができ、卒業後の世界に期待があふれています。

応用化学科ウェブサイトはコチラ

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ