ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

山﨑 博史Hirofumi Yamasaki

前のページへ戻る

山﨑 博史

氏名 山﨑 博史
ふりがな やまさき ひろふみ (Hirofumi Yamasaki)
職名 教授 (Professor)
学位 医学博士(山口大学)
専門分野
  • 実務薬学
  • 医療薬学
略歴
  • 岡山大学大学院薬学研究科薬学専攻 修士課程 修了
  • 山口大学医学部大学院医学系研究科情報解析医学系専攻 医学博士課程 修了
  • 厚生労働省科学研究 新興・再興感染症研究事業 バイオテロ班協力研究員
  • 国立感染症研究所 獣医科学部 協力研究員
  • 山口大学医学部附属病院 薬剤部
  • 労働者健康福祉機構 山口労災病院 薬剤部
  • 医療法人社団 宇部興産中央病院 薬剤部長
研究者データベース 詳細はこちらから
研究シーズ 詳細はこちらから 
SDGsの取組み sdg_icon_03_ja_2.png

山﨑 博史

主な研究課題

薬剤師による医療貢献におけるエビデンス構築

医療の現場は感染症との戦いが重要な課題となっている。その中で薬剤師は、院内で起こるさまざまな感染症から患者・家族・職員の安全を守る"予防"と抗菌薬の適正使用を支援し、治療効果の向上、副作用回避、耐性菌出現のリスク軽減をはかる"治療"の両方を行っている。予防に関しては、院内で発生する様々な感染の問題点に対して検証実験や調査を行い得られたデータに基づいて解決することを課題としてきた。内視鏡ファイバースコープの微生物汚染の検討では患者への感染を予防した。また、空気中のMRSA飛散の検討では職員への暴露対策を行った。治療に関しては、患者背景を考慮し最適な薬剤の選択、副作用の出やすい治療域の狭い薬剤の初期投与設計、採血時期の提案、副作用のモニタリングなどを行い抗菌薬の適正使用の検討を行っている。病院での日常業務に直結した課題に取り組み、薬剤師の専門性発揮につながるエビデンスを発信していきたい。

icn_sdgs_goals_03.jpg

主な著書・論文

  • 山﨑博史,尾家重治:エチレンオキサイドガス滅菌した塩酸バンコマイシン注射剤へのガス混入;日本環境感染学会Vol.29, No.5 340-344(2014)
  • Hirofumi Yamasaki,Shigeharu Oie et al.:Residual amount of vancomycin hydrochloride in vials after use;Journal of Infection and Chemotherapy 19(4) 639-643(2013)
  • 室高広,北原隆志,松元一明,山﨑博史,柳原克紀,佐々木均:九州山口地区における基質拡張型βラクタマーゼ産生菌の検出状況と抗菌薬使用状況に関する合同調査;日本環境感染学会 Vol.29 No.1 32-40(2012)
  • Shigeharu Oie, Akiko Obayashi, Hirofumi Yamasaki et al.:Disinfection Methods for Spores of Bacillus atrophaeus, B.anthracis, Clostridium tetani, C.botulinum and C.difficile; Biological and Pharmaceutical Bulletin Vol.34 No.8 1325-1329(2011)
  • 山﨑博史,尾家重治,神谷晃:各種塩酸バンコマイシン注射製剤の品質比較;医療薬学 第34巻 第9号 860-864(2008)
  • Tomohisa Nagamatsu, Hirofumi Yamasaki:4 General Syntheses of 1-Alkyltoxoflavin and 8-Alkylfervenulin Derivatives of Biological Significance by the Regioselective Alkylation of Reumycin Derivatives and the Rates of Transalkylation from 1-Alkyltoxoflavins into Nucleophiles.;Journal of the Chemmical Society, Perkin Transactions 1 No.2 130-137(2001)
  • Tomohisa Nagamatsu, Hirofumi Yamasaki;Facile and General Syntheses of 1-Alkyltoxoflavin and 8-Alkylfervenulin Derivatives of Biological Significance by the Regiospecific Alkylation of Reumycin (1-Demethyltoxoflavin, 8-Demethylfervenulin) Derivatives.;Heterocycles Vol.45 No.4 643-650(1997)
  • Tomohisa Nagamatsu, Hirofumi Yamasaki, Fumio Yoneda:Isolation of New Chlorinated Regioisomers of Mono N-Substituted Uracil Derivatives and Synthesis of 3-Substituted 8-Phenylpyrimido[5,4-e]-1,2,4-triazine-5,7(6H,8H)-diones.;Heterocycles Vol.37 No.2 1147-1164(1994)
  • 山﨑博史、岡智之:薬剤業務 .com ~http:www.ube-hp.or.jp~);薬事新法 9-13(2016)
  • 山﨑博史:消毒薬の特性と適正使用;薬事日報 4-5(2015)
  • 山﨑博史、北原隆志:ICTが知っておくべき医薬品の管理「血液製剤」;INFECTION CONTROL 81-83(2014)
  • 山﨑博史、大久保憲:感染制御に薬剤師の立場から一言;感染と消毒 47-49(2012)
  • 山﨑博史、尾家重治:ノロウイルス感染症、乳幼児嘔吐下痢症、中心静脈カテーテル;薬剤師がアドバイスする在宅介護者のための感染防止マニュアル24-26 58-60(2011)
  • 山﨑博史:メシル酸ガベキサート投与開始時の注意点、各種バンコマイシン塩酸塩注射製剤の品質比較;事例で解決!薬学的プロブレム106 南山堂 109-110 298-300(2010)

主な国際・国内活動

  • Infection Control Doctor(ICD制度協議会認定)
  • 日本環境感染学会(評議員・教育委員会・教育ツール部会委員)
  • 日本医療薬学会(会員)
  • 日本化学療法学会(会員)
  • 山口県公衆衛生協会(代議員)
  • 山口県病院薬剤師会(会長)
  • 日本病院薬剤師会(代議員)
  • 日本病院薬剤師会感染制御専門認定
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導認定
  • 日病薬病院薬学認定
  • 山口県公衆衛生協会野瀬善勝賞受賞

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1