文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

武藤 純平Junpei Mutoh

前のページへ戻る

武藤 純平

氏名 武藤 純平
ふりがな むとう じゅんぺい (Junpei Mutoh)
職名 准教授 (Associate Professor)
学位 博士(薬学)(九州大学)
専門分野
  • 分析化学
  • 薬理学
略歴
  • 九州保健福祉大学

武藤 純平

主な研究課題

これまでの研究活動でダイオキシン類による後世代毒性発現機構の解明や虚血性腎不全の発症機序などに従事しており、胎児期のダイオキシン暴露が複数のステロイド生合成酵素の発現変動を引き起こし性成熟に影響を起こしえることや、腎虚血再灌流には腎臓の交感神経活性亢進が重要であることなどを見出しております。これらの研究活動を通じて動物実験を始め生化学実験・分子生物学的実験など様々な実験技術を習得してまいりました。医薬品や食品の品質、安全性及び有効性などを科学的根拠に基づいた予測、評価による研究成果を社会にフィードバックすることを目的とした「レギュラトリーサイエンス」に関連する研究を展開させていくことを考えています。また、アクティブラーニング促進のための教育方略に関しても積極的に研究活動を行っております。


主な著書・論文

  • Ohsawa M, Mutoh J, Asato M, Yamamoto S, Ono H, Hisa H, Kamei J: Involvement of inhibition of RhoA/Rho kinase signaling in simvastatin-induced amelioration of neuropathic pain. Neuroscience, 333, 204-213 (2016)
  • Shinya T, Yokota T, Nakayama S, Oki S, Mutoh J, Takahashi S, Sato K.: Orally Administered Mucolytic Drug l-Carbocisteine Inhibits Angiogenesis and Tumor Growth in Mice. J. Pharmacol. Exp. Ther., 354, 269-278 (2015)
  • Mutoh J.,Ohsawa M., Hisa H.: Involvement of renal sympathetic nerve activation on the progression of ischemic acute kidney injury in the mouse., J. Pharmacol. Sci., 125, 415-421 (2014)
  • Ohsawa M., Mutoh J., Hisa H.: Involvement of protein isoprenylation in neuropathic pain induced by sciatic nerve injury in mice., Neurosci. Lett., 564, 27-31 (2014)
  • Mutoh J, Ohsawa M, Hisa H.: Effect of naloxone on ischemic acute kidney injury in the mouse., Neuropharmacology, 71, 10-18 (2013)
  • Ohsawa M, Mutoh J, Yamamoto S, Ono H, Hisa H.: Effect of spinally administered simvastatin on the formalin-induced nociceptive response in mice., J. Pharmacol. Sci. 119, 102-106 (2012)
  • Ohsawa M, Mutoh J, Asato M, Yamamoto S, Ono H, Hisa H, Kamei J.: Carnosine has antinociceptive properties in the inflammation-induced nociceptive response in mice. Eur. J. Pharmacol., 682, 56-61 (2012)
  • Okano M, Uchikawa Y, Tanaka N, Mutoh J, Ohkura M, Hisa H, Yamamoto R, Rho-kinase, but not protein kinase C, is involved in generation of the spontaneous tone in the resting phase of the isolated pig iris sphincter muscle. Curr. Eye Res., 34, 177-183 (2009).
  • Takeda T, Matsumoto Y, Koga T, Mutoh J, Nishimura Y, Shimazoe T, Ishii Y, Ishida T, Yamada H. Maternal exposure to dioxin disrupts gonadotropin production in fetal rats and imprints defects in sexual behavior. J. Pharmacol. Exp. Ther., 329, 1091-1099 (2009).

主な国際・国内活動

  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会
  • 日本薬学教育学会

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1