ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

稲見 圭子Keiko Inami

前のページへ戻る

稲見 圭子

氏名 稲見 圭子
ふりがな いなみ けいこ (Keiko Inami)
職名 教授 (Professor)
学位 博士(薬学)
専門分野
  • 有機化学
  • 医薬化学
略歴
  • 共立薬科大学薬学部卒業
  • 共立薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了
  • アメリカ国立がん研究所 博士研究員
  • 共立薬科大学薬学部 助手、講師
  • 慶應義塾大学薬学部 専任講師
  • 東京理科大学薬学部 嘱託講師、講師、准教授

稲見 圭子

主な研究課題

薬学での有機化学のあり方を常に意識し、疾病を有機化学の立場から研究します。特にがんの発生と制御を有機化学的に解明することを目的として研究しています。発がん過程をDNAに対する化学反応の結果と考えて、その機構を解明することでがんを予防し、さらに制がんへの応用をめざして新しい制がん薬を開発し、がんの制御を目標とします。また、発がんに関与する活性酸素種などを制御するために、ビタミンCやEを規範とした活性酸素の捕捉剤を開発して、がん予防に寄与する化合物を創製します。一方、生理活性を有するN-ニトロソ化合物の活性発現機構の解明から得られた知見に基づいて、新規一酸化窒素ドナーを開発しています。


主な著書・論文

  • K. Harada, T. Imai, J. Kizu, M. Mochizuki, K. Inami, DNA interaction of bromomethyl-substituted acridines, Medicinal Chemistry Research, 26(12), 3375-3383 (2017). DOI 10.1007/s00044-017-2030-7
  • Y. Okayama, M. Harada, M. Morita, M. Mochizuki, K. Inami, Synthesis and radical scavenging activity of substituted benzo[h]chromanols, HETEROCYCLES, 94(5), 865-878 (2017). DOI:10.3987/COM-17-13671
  • K. Inami, M. Takada, M. Nagata, T. Higashi, M. Mochizuki, The mutagenic mechanism of oxygenated alkylhydrazones occurs through alkyl radicals and alkyldiazonium ions, Toxicology Research, 6, 173-178 (2017). DOI: 10.1039/C6TX00430J
  • K. Inami, Y. Mine, J. Tatsuzaki, C. Mori, M. Mochizuki, Isolation and characterization of antimutagenic components of Glycyrrhiza aspera against N-methyl-N-nitrosourea, Genes and Environ., 39(5), 1-7 (2017). DOI: 10.1186/s41021-016-0068-2
  • K. Inami, Y. Mine, Y. Kojo, S. Tanaka, S. Ishikawa, M. Mochizuki, Antimutagenic components in Glycyrrhiza against N-methyl-N-nitrosourea in the Ames assay, Natural Product Research, 31 (6), 691-695 (2017).
    http://dx.doi.org/10.1080/14786419.2016.1212031
  • K. Inami, Y. Ono, S. Kondo, I. Nakanishi, K. Ohkubo, S. Fukuzumi, M. Mochizuki, Effect of alkyl group on transnitrosation of N-nitrosothiazolidine thiocarboxamides, Bioorg. Med. Chem., 23, 6733-6739 (2015). DOI: 10.1016/j.bmc.2015.09.008
  • K. Inami, J. Shiino, S. Hagiwara, K. Takeda, M. Mochizuki, Transnitrosation of non-mutagenic N-nitrosoproline forms mutagenic N-nitroso-N-methylurea, Bioorg. Med. Chem., 23, 3297-3302 (2015). DOI: 10.1016/j.bmc.2015.04.058
  • K. Inami, M. Suzuki, A. Shimizu, M. Furukawa, M. Morita, M. Mochizuki, Substituent effect on the radical scavenging activity of 6-chromanol derivatives, RSC Adv., 4, 43882-43889 (2014). DOI: 10.1039/c4ra05782a
  • K. Inami, S. Kondo, Y. Ono, C. Saso, M. Mochizuki, Transnitrosation of alicyclic N-nitrosamines containing a sulfur atom, Bioorg. Med. Chem., 21, 7853-7857 (2013). http://dx.doi.org/10.1016/j.bmc.2013.10.008
  • K. Inami, H. Yasui, H. Tsugumi, S. Ishikawa, M. Mochizuki, Oxidation of N-alkyl-N-(3-carboxypropyl)nitrosamines by iron porphyrin and oxidant forms alkylating mutagens, Genes and Environ., 35(4), 99-104 (2013). DOI: org/10.3123/jemsge.2013.010

主な国際・国内活動

  • 日本薬学会
  • 日本癌学会
  • 日本環境変異原学会
  • American Chemical Society
  • 日本NO学会
  • 日本環境変異原学会評議員(平成26年~現在)

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1