ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

武田 健Ken Takeda

前のページへ戻る

武田 健

氏名 武田 健
ふりがな たけだ けん (Ken Takeda)
職名 教授 (Professor)
学位 薬学博士(東京大学)、医学博士(昭和大)
専門分野
  • 環境衛生化学
略歴
  • 東京大学薬学部卒
  • 東京大学大学院薬学系博士課程修了
  • 昭和大学医学部助教授
  • 東京理科大学薬学部教授
  • 東京理科大学薬学部長、研究科長
  • 東京理科大学理事、副学長
研究シーズ 詳細はこちらから 

武田 健

主な研究課題

「大気中に存在する新しいタイプの内分泌攪乱物質」科学技術振興事業団戦略基礎研究費CREST(代表)、「ナノ粒子健康科学研究センター」文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業学術フロンティア(代表)、「戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター」文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(代表)等の研究から、無機のナノ粒子は、吸入、皮内、経口等投与経路に関わらず、程度に大小があるもののすべて次世代に影響を及ぼすことを明らかにした。それらの研究テーマの一部は現在継続発展中である。 今後あらたに、細胞外微粒子(ナノ粒子を含む)により惹起される本世代、次世代慢性炎症の機序を解明し、その制御法を確立する。

主な著書・論文

  1. Onoda A, Takeda K, Umezawa M. (2017) Dose-dependent induction of astrocyte activation and reactive astrogliosis in mouse brain following maternal exposure to carbon black nanoparticle. Particle Fibre.Toxicol.14:4. Doi:10.1186/S12989-017-0184-6.
  2. Yokota S, Oshio S, Moriya N, Takeda K (2016) Social isolation-induced territorial aggression in male offspring is enhanced by exposure to diesel exhaust during pregnancy..PLOS One DOI:10,1371.
  3. Tachibana K, Takayanagi K, Akimoto A, Ueda K, Shinkai Y, Umezawa M, Takeda K.(2015) Prenatal diesel exhaust exposure disrupts the DNA methylation profile in the brain of mouse offspring. J,Toxicol,Sci. 40(1)1 - 11. (2016年度田邉賞)
  4. Onoda A, Umezawa M, Takeda K, Ihara T, Sugamata M. (2014) Effects of maternal exposure to ultrafine carbon black on brain perivascular macrophages and surrounding astrocytes in offspring mice. PLoS One, 9(4): e94336.
  5. Kubo-Irie M, Uchida H, Mastuzawa S, Yoshida Y,  Shinkai Y, Suzuki K, Yokota S, Oshio S, Takeda K. (2014) Dose-dependent biodistribution of prenatal exposure to rutile-type titanium dioxide nanoparticles on mouse testis. J. Nanoparticle Res. 16 : 2284.
  6. Umezawa M, Sekita K, Suzuki K, Kubo-Irie M, Niki R, Ihara T, Sugamata M, Takeda K. (2013) Effect of aerosol particles generated by ultrasonic humidifiers on the lung in mouse.  Part Fibre Toxicol 10: 64.
  7. Takahashi, Y., Mizuo, K., Shinkai, Y., Oshio, S., Takeda, K. (2010) Prenatal exposure to titanium dioxide nanoparticles increases dopamine levels in the prefrontal cortex and neostriatum of mice. J. Toxicol. Sci., 35 (5): 749-756. (2013年度ファイザー賞)
  8. Shimizu, M., Tainaka, H., Oba, T., Mizuo, K., Umezawa, M., Takeda, K. (2009) Maternal exposure to nanoparticulate titanium dioxide during the perinatal period alters gene expression related to brain development in the mice. Part. Fibre Toxicol., 6: 20.(2009年度優秀論文賞)
  9. Takeda, K., Suzuki, K., Ishihara, A., Kubo-Irie, M., Fujimoto, R., Tabata, M., Oshio, S., Nihei, Y., Ihara, T., Sugamata.M. (2009) Nanoparticles transferred from pregnant mice to their offspring can damage the genital and cranial nerve systems. J. Health Sci., 55(1): 95-102. (2009年度最優秀論文賞)
  10. 武田 (2012) 母子伝達されるナノ粒子 : 次世代健康影響を考える(科学2012年10月号)、岩波書店、1093-1098.
  11. 武田 、菅又昌雄 (2009) 未知なる遭遇-ナノマテリアルの健康影響 次世代影響を中心に、ファルマシア(薬学会機関誌) 45 (3): 245-250.
  12. 武田 健 (2000) 子孫を残す細胞を守れ―ディーゼル排ガスも環境ホルモン 「健康とくすりシリーズ」日本薬学会編、丸善  1-111
  13. Takeda, K., Iwamoto, S., Sugimoto, H., Takuma, T., Noda, M., Morise, H., Arimura, H., and Konno, K. : Identity of differentiation inducing factor and tumor necrosis factor. Nature 323, 338-340, 1986.

主な国際・国内活動

  • 日本学術会議連携会員第21、22、23期委員
  • 日本学術振興会各種審査委員
  • 薬学会、毒性学会、癌学会、癌予防学会等

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1