ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

百渓 江Ko Momotani

前のページへ戻る

百渓 江

氏名 百渓 江
ふりがな ももたに こう (Ko Momotani)
職名 教授 (Professor)
学位 Ph.D.
専門分野
  • 平滑筋制御・生理
  • 医療・研究倫理
略歴
  • 米国ペンシルバニア州立大学卒
  • 米国バージニア大学医学系大学院博士課程修了
  • 米国バージニア大学講師

百渓 江

主な研究課題

大学院博士課程より、平滑筋制御・生理、特に血圧制御に関わる血管収縮制御メカニズムについての研究に携わり、本学においてもその延長線上の研究課題に取り組みます。また、グローバル治験等における通訳経験を通して異なる言語や文化にまたがる倫理的課題と関わり、また、その他一般の医療、研究における倫理的課題にも取り組んできました。そのような経験を通して、国際化によってより重要になっていくと思われる異なる言語や文化にまたがる倫理的課題や、多言語、異文化間コミュニケーションの円滑化の追求にも取り組みます。


主な著書・論文

  • Artamonov, M., Jin, L., Franke, A., Momotani, K., Ho, R., Dong, X., Majesky, M., Somlyo, A., (2015) Signaling pathways that control rho kinase activity maintain the embryonic epicardial progenitor state. Journal of Biological Chemistry; 290(16): 10353-10367.
  • Momotani, K. and Somlyo, A. (2012) p63RhoGEF: a new switch for Gq mediated activation of smooth muscle. Trends in Cardiovascular Medicine; invited review; 22(5):122-127.
  • Momotani, K., Artamonov, M., Utepbergenov, D., Derewenda, U., Derewenda, Z., and Somlyo, A. (2011) p63RhoGEF Couples Gαq/11-mediated Signaling to Ca2+ Sensitization of Vascular Smooth Muscle Contractility. Circulation Research; 109(9): 993 - 1002.
  • Momotani, K., Khromov, A., Miyake, T., Stukenberg, T., Somlyo, A. (2008). Cep57, a multi domain protein with unique microtubule and centrosomal localization domains. Biochemical Journal; 412, 265-273.

主な国際・国内活動

  • 米国生物物理学会 (Biophysical Society)
  • 米国生理学会 (American Physiological Society)
  • 米国心臓学会 (American Heart Association)
  • 米国生命倫理・人文学会 (American Society of Bioethics and Humanities)

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1