ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

告 恭史郎Kyoshiro Tsuge

前のページへ戻る

告 恭史郎

氏名 告 恭史郎
ふりがな つげ きょうしろう (Kyoshiro Tsuge)
職名 助教 (Assistant Professor)
学位 博士(薬学)(熊本大学)
専門分野
  • 生化学
  • 発生生物学
略歴
  • 熊本大学薬学部薬学科卒業
  • 熊本大学大学院薬学教育部医療薬学専攻博士課程修了

広井 賀子

主な研究課題

「老化」と「再生」をキーワードにして、それぞれの分子機構、および両者の接点、相互連関を多様なモデル生物を用いて解き明かしたいと考えています。具体的には、哺乳類モデルであるマウス、高い再生能を有することで知られるゼブラフィッシュという異なる生物種から得られた知見をヒトiPS細胞で検証するという生物種横断型の解析から、種を超えて保存された「老化」、「再生」の分子機構や意義を探索し、ひいては、「老化」、「再生」をターゲットとした創薬への応用も視野に入れて研究を進めています。


主な著書・論文

  • Yabuki, Y., Koide, T., Miyasaka, N., Wakisaka, N., Masuda, M., Ohkura, M., Nakai, J., Tsuge, K., Tsuchiya, S., Sugimoto, Y. and Yoshihara, Y. Olfactory receptor for prostaglandin F mediates male fish courtship behavior. Nat. Neurosci., 19, 897-904 (2016)
  • Iwasaki, R., Tsuge, K., Morimoto, K., Inazumi, T., Kawahara, O., Kawahara, A., Tsuchiya, S. and Sugimoto, Y. Molecular and pharmacological characterization of zebrafish 'contractile' and 'inhibitory' prostanoid receptors. Biochem. Biophys. Res. Commun., 438, 353-358 (2013)
  • Tsuge, K., Iwasaki, R., Morimoto, K., Inazumi, T., Kawahara, O., Kawahara, A., Tsuchiya, S. and Sugimoto, Y. Molecular and pharmacological characterization of zebrafish 'relaxant' prostanoid receptors. Biochem. Biophys. Res. Commun., 436, 685-690 (2013)
  • 告 恭史郎, 稲住 知明, 杉本 幸彦 「プロスタノイドクオリティと心血管系制御」 血管医学, 17, 37-43 (2016)
  • 告 恭史郎, 杉本 幸彦 「プロスタノイド受容体を介した免疫・炎症応答亢進の分子機構」 医学のあゆみ, 256, 561-566 (2016)
  • 告 恭史郎, 杉本 幸彦 「プロスタグランジンによる女性生殖制御の意義」 実験医学, 33, 164-169 (2015)

主な国際・国内活動

  • 日本生化学会会員
  • 日本薬学会会員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1