ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

井口 眞Makoto Inokuchi

前のページへ戻る

井口 眞

氏名 井口 眞
ふりがな いのくち まこと (Makoto Inokuchi)
職名 教授 (Professor)
学位 博士(理学)
専門分野
  • 物理化学
  • 物性化学
  • 分子集合体
略歴
  • 東京大学理学士、理学修士、博士(理学)
  • 日本学術振興会 特別研究員(分子科学研究所)
  • 山口東京理科大学 基礎工学部 助手・講師・助教授
  • 山口東京理科大学 先進材料研究所 所員
研究シーズ 詳細はこちらから 

井口 眞

主な研究課題

分子集合体・分子結晶の物性研究:電気的・磁気的・光学的性質

分子結晶・分子集合体の物性を化学と物理の手段を使って研究している。分子結晶・分子集合体は主に有機化合物の分子によって構成されており、その特性には分子1個の性質を色濃く残しているが、分子間に働く力を制御することで高い伝導性や強磁性、液晶などの興味ある性質を示すようになる。研究は、分子結晶・分子集合体を合成し、分子の集合状態や電子状態を電気的、磁気的、光学的方法を使って調べ、それらが示す物性の発現機構を解明する。そこで得られた知見を基に、新たな機能をもつ物質を開発することが目標である。

ずれ応力を用いた物質化学

ずれ応力を用いた物質化学の新たな手法の創成を目指している。スピロピラン等のクロミック分子の色の変化に興味をもち、分光学的方法を用いてずれ応力による色変化と異性化の機構を解明し、応力と光を複合的に用いた化学結合の制御を目標としている。

液晶表示機能の改善のためのナノ粒子添加剤の開発

親液晶性有機保護剤分子の分子設計・合成を行い、これを用いて調製した金属ナノ粒子を種々の液晶に添加し、保護剤の分子構造と液晶への分散特性を明らかにする。得られた結果に基づき、液晶表示素子の性能向上に応用できるナノ粒子添加剤を開発する。

有機伝導体・磁性体の研究

有機伝導体BEDT-TTF、M(dmit)2、ポリピロール等の相転移の特性と機構および応力効果を、温度と圧力をパラメーターとした電気抵抗、磁化率、赤外反射/ラマンスペクトルなどの測定を通して解明する。

主な著書・論文

  • "Organogel Formation and Chromic Behavior of Hydrogen-bonding Lophine Derivatives"
    Chem. Lett., 38,1096-1097,(2009)
  • "Raman Spectroscopic Study of Bis(diphenylglyoximato)metal complexes under High Pressure"
    Mol.Cryst.Liq.Cryst., 455, 81-85 (2006)
  • "Shear Stress Effect on Thin Films of Platinum Complex Pt(dpg)2 and Chromic Compounds"
    Journal of Low Temperature Physics, 142, 211-214 (2006)
  • "Optical studies of shear stress effect on organic thin films"
    Synthetic Metals, 152,421-424 (2005)
  • "Spontaneously formed polypyrrole microtubes: Incandescence and graphitization"
    Synthetic Metals, 148, 93-98 (2005)
  • "High-pressure Raman study of the charge ordering in α-(BEDT-TTF)2I3"
    Physical Review B, 67, 224105/1-11(2003)
  • "Pressure effect on phase transition of α-[(CH3)2(C2H5)2N][Ni(dmit)2]2"
    Synthetic Metals, 133&134, 425-426 (2003)

主な国際・国内活動

  • 日本化学会・日本物理学会 会員
  • 英国王立研究所 客員研究員(1995-1996)

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ