ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

望月 正隆Masataka Mochiduki

前のページへ戻る

望月 正隆

氏名 望月 正隆
ふりがな もちづき まさたか (Masataka Mochiduki)
職名 教授 (Professor)
学位 薬学博士
専門分野
  • 有機化学
  • 環境科学
  • レギュラトリーサイエンス
略歴
  • 東京大学薬学部卒業・大学院薬学研究科博士課程修了
  • 財団法人東京生化学研究所主任研究員
  • 共立薬科大学教授・学長
  • 東京理科大学教授
  • 日本私立薬科大学協会副会長・学長協議会会長・参与
  • 薬学教育協議会代表理事
  • 全国薬科大学長薬学部長会議会長・同参与
  • 薬学共用試験センター理事長・同副理事長
  • 厚生労働省薬事食品衛生審議会会長

望月 正隆

主な研究課題

薬学における有機化学のあり方を常に意識し、疾病を有機化学の立場から研究している。発がんと制がんの有機化学として、発がん機構を解明し、制がんに生かす方策を検討している。環境中の有害物質が動物のDNAに及ぼす作用を明らかにして生体防御の方策を開発する。環境中に存在し、ヒトがんの原因の一つと考えられているN-ニトロソ化合物の究極代謝活性体を化学的に合成し、DNA傷害性を明らかにし、発がん機構を解明した。
医薬品および生体作用物質のヒトの健康に及ぼす効果を明らかにして、有効な利用法と有害性の除去に関わる因子を検討する。今後の薬剤師の在り方に関する研究も続けてきている。
厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 薬剤師需給動向の予測に関する研究 平成22年度~24年度総合研究報告書 研究代表者 望月正隆 平成25年5月、 厚生労働行政推進調査事業費補助金 厚生労働科学特別研究事業 かかりつけ薬剤師の本質的業務と機能強化のための調査研究 平成28年度総合研究報告書 研究代表者 望月正隆 平成29年3月.


主な著書・論文

  • 1) K. Harada, T. Imai, J. Kizu, M. Mochizuki, K. Inami, DNA interaction of bromomethyl-substituted acridines, Medicinal Chemistry Research, 26(12), 3375-3383 (2017). DOI 10.1007/s00044-017-2030-7
  • 2) Y. Okayama, M. Harada, M. Morita, M. Mochizuki, K. Inami, Synthesis and radical scavenging activity of substituted benzo[h]chromanols, HETEROCYCLES, 94(5), 865-878 (2017). DOI:10.3987/COM-17-13671
  • 3) K. Inami, M. Takada, M. Nagata, T. Higashi, M. Mochizuki, The mutagenic mechanism of oxygenated alkylhydrazones occurs through alkyl radicals and alkyldiazonium ions, Toxicology Research, 6, 173-178 (2017). DOI: 10.1039/C6TX00430J
  • 4) K. Inami, Y. Mine, J. Tatsuzaki, C. Mori, M. Mochizuki, Isolation and characterization of antimutagenic components of Glycyrrhiza aspera against N-methyl-N-nitrosourea, Genes and Environ., 39(5), 1-7 (2017). DOI: 10.1186/s41021-016-0068-2
  • 5) K. Inami, Y. Mine, Y. Kojo, S. Tanaka, S. Ishikawa, M. Mochizuki, Antimutagenic components in Glycyrrhiza against N-methyl-N-nitrosourea in the Ames assay, Natural Product Research, 31 (6), 691-695 (2017). http://dx.doi.org/10.1080/14786419.2016.1212031
  • 6) K. Inami, Y. Ono, S. Kondo, I. Nakanishi, K. Ohkubo, S. Fukuzumi, M. Mochizuki, Effect of alkyl group on transnitrosation of N-nitrosothiazolidine thiocarboxamides, Bioorg. Med. Chem., 23, 6733-6739 (2015). DOI: 10.1016/j.bmc.2015.09.008
  • 7) K. Inami, J. Shiino, S. Hagiwara, K. Takeda, M. Mochizuki, Transnitrosation of non-mutagenic N-nitrosoproline forms mutagenic N-nitroso-N-methylurea, Bioorg. Med. Chem., 23, 3297-3302 (2015). DOI: 10.1016/j.bmc.2015.04.058
  • 8) K. Inami, M. Suzuki, A. Shimizu, M. Furukawa, M. Morita, M. Mochizuki, Substituent effect on the radical scavenging activity of 6-chromanol derivatives, RSC Adv., 4, 43882-43889 (2014). DOI: 10.1039/c4ra05782a
  • 9) K. Inami, S. Kondo, Y. Ono, C. Saso, M. Mochizuki, Transnitrosation of alicyclic N-nitrosamines containing a sulfur atom, Bioorg. Med. Chem., 21, 7853-7857 (2013). http://dx.doi.org/10.1016/j.bmc.2013.10.008
  • 10) K. Inami, H. Yasui, H. Tsugumi, S. Ishikawa, M. Mochizuki, Oxidation of N-alkyl-N-(3-carboxypropyl)nitrosamines by iron porphyrin and oxidant forms alkylating mutagens, Genes and Environ., 35(4), 99-104 (2013). DOI: org/10.3123/jemsge.2013.010

主な国際・国内活動

  • ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校博士研究員
  • シカゴ大学化学科博士研究員
  • 厚生労働省変異原性試験等結果検討委員・功労賞受賞
  • 日本環境変異原学会評議員・監事・功労賞受賞
  • 日本薬学会関東支部長・理事・広報委員長・有功会員・教育賞受賞
  • 日本癌学会・評議員・機関誌編集委員・名誉会員
  • 日本薬剤師研修センター理事
  • 薬剤師認定制度認証機構理事
  • 薬学教育評価機構総合評価評議員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1