ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

佐伯 政俊Masatoshi Saiki

前のページへ戻る

佐伯 政俊

氏名 佐伯 政俊
ふりがな さいき まさとし (Masatoshi Saiki)
職名 講師 (Junior Associate Professor)
学位 博士(工学)
専門分野
  • 生物物理学
  • タンパク質科学
略歴
  • 東京理科大学 学士(工学)、修士(工学)、博士(工学)
  • 近畿大学 博士研究員
  • 山口東京理科大学 工学部 応用化学科 助教
研究シーズ 詳細はこちらから 

佐伯 政俊

主な研究課題

アミロイド病の予防基盤技術の開発に向けたタンパク質工学からのアプローチ

近年、アミロイド線維と呼ばれるタンパク質のフィブリル状集合体がアルツハイマー病やプリオン病などの疾病(アミロイド病)に関わっていることが多数報告されており、アミロイド線維の形成の分子論的メカニズムとその防止機構の解明が求められています。当研究室では、アミロイドの形成を防止するためのペプチドを設計し、そのメカニズムを検証しています。

新規ドラッグデリバリーシステムとしての機能性人工タンパク質の創製

ペプチドやタンパク質を主成分とするバイオ薬において、その構造と機能を維持しながら体内への吸収を高める機能を有する新規のドラッグデリバリーシステム(DDS)が求められています。当研究室では、分子設計により、凝集しやすいペプチドを正しいフォールディングへ誘導するような機能性ペプチドの合成研究を行っています。


主な著書・論文

  • Stem-Forming Regions That Are Essential for the Amyloidogenesis of Prion Proteins, Biochemistry, 51, 1566-1576 (2012).
  • Recognition of the N-Terminal Histone H2A and H3 Peptides by Peptidylarginine Deiminase IV, Protein Pept. Lett., 16, 1012-1016 (2009).
  • Interaction-based evalution of the propensity for amyloid formation with cross-beta structure, Biochem. Biophys. Res. Commun., 343, 1262-1271 (2006).
  • Higher-order Molecular Packing in Amyloid-like Fibrils Constructed with Linear Arrangements of Hydrophobic and Hydrogen-bonding Side-chains, J. Mol. Biol., 348, 983-998 (2005).

主な国際・国内活動

  • 日本化学会会員
  • 日本生物物理学会会員
  • 日本ペプチド学会会員
  • 日本蛋白質科学会会員
  • 日本バイオレオロジー学会会員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ