ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

和田 光弘Mitsuhiro Wada

前のページへ戻る

和田 光弘

氏名 和田 光弘
ふりがな わだ みつひろ (Mitsuhiro Wada)
職名 教授 (Professor)
学位 博士(薬)
専門分野
  • 分析科学
略歴
  • 長崎大学薬学部薬科学科 卒業
  • 長崎大学大学院 薬学研究科博士後期課程 修了
  • 長崎大学薬学部 助手
  • 長崎大学薬学部 講師
  • 秋田大学教育文化学部 講師
  • 秋田大学教育文化学部 助教授
  • 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 助教授
  • 九州保健福祉大学薬学部 教授
  • 九州保健福祉大学医療薬学研究科 医療薬学専攻 教授
  • 山口東京理科大学薬学部 教授
研究シーズ 詳細はこちらから 
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_03.jpg

和田 光弘

主な研究課題

医薬品および健康影響物質の高感度計測法の開発とその生体効果の評価に関する研究

医薬品のみならず生体微量物質、食品成分、環境物質を健康影響物質と位置付け、最新の分析技術を駆使してこれらの高感度分析法の開発を行う。さらに開発した方法を用いた薬学的応用研究を通して新たな科学的エビデンスの獲得を目指す。
主な研究テーマ
1)HPLC-蛍光、-化学発光あるいは-質量分析検出などの高感度分析法を用いた医薬品などの定量法の開発とその実用展開
2)抗酸化能に注目した食品あるいは生理活性成分の品質評価法の開発とその応用
3)マイクロダイアリシス法を利用した医薬品などの分析と薬物相互作用評価への適用

 icn_sdgs_goals_03.jpg

主な著書・論文

  • M. Wada, Y. Tojoh, S. Nakamura, J. Mutoh, H. Kai, K. Matsuno, K. Nakashima: Determination of three triterpenic acids in dried rosemary by HPLC-fluorescence detection with DIB-Cl. Luminescence, 34, 130-132 (2019).
  • Y. Miura, Y. Fuchigami, M. Hagimori, H. Sato, K. Ogawa, C. Munakata, M. Wada, K. Maruyama, S. Kawakami: Evaluation of the targeted delivery of 5-fluorouracil and ascorbic acid into the brain with ultrasound-responsive nanobubbles. Journal of Drug Targeting, 26, 684-691 (2018).
  • Mitsuhiro Wada, Shinichi Nakamura, Kenichiro Nakashima: HPLC analysis of homocysteine and its related compounds in Non-Proteinogenic Amino Acids, ed. Nina Filip, Cristina-Elena Iancu, Intech, Rijeka, pp 11-29, 2018. 著書
  • M. Wada, A. Yamaguchi, A. Ogawa, H. Kido, S. Nakamura, S. Ohkawara, S. Kawakami, N. Kuroda, K. Nakashima: Luminol chemiluminescence profile of O/W emulsions during thermal oxidation. Anal. Sci., 33, 249-252 (2017).
  • 和田光弘:「酸化還元滴定」パートナー分析化学 I -改訂第3版-、萩中 淳、能田 均、山口政俊 編、pp 170-186、南江堂、2017.著書
  • M. Wada, M. Wada, R. Ikeda, Y. Fuchigami, H. Koyama, S. Ohkawara, S. Kawakami, N. Kuroda, K. Nakashima: Quantitation and determination of the antioxidative effect of trolox in rat blood and brain using HPLC-UV and SMFIA-CL methods. Luminescence, 31, 414-418 (2016).
  • 和田光弘、黒田直敬、中島憲一郎:機能性食品及びサプリメントの有効成分の分析と機能性評価、分析化学、65、1-8 (2016). 総説
  • Y. Fuchigami, X. Fu, R.Ikeda, S. Kawakami, M. Wada, R. Kikura-Hanajiri, N. Kuroda, K. Nakashima: Evaluation of the neurochemical effects of methoxetamine using brain microdialysis in mice. Forensic Toxicol., 33, 374-379 (2015).
  • M. Wada, M. Kuroki, Y. Minami, R. Ikeda, Y. Sekitani, N. Takamura, S. Kawakami, N. Kuroda, K. Nakashima: Quantitation of sulfur-containing amino acids, homocysteine, methionine and cysteine in dried blood spot from newborn baby by HPLC-fluorescence detection. Biomed. Chromatogr., 28, 810-814 (2014).
  • M. Wada, M. Hirose, M. Kuroki, R. Ikeda, Y. Sekitani, N. Takamura, N. Kuroda, K. Nakashima: Simultaneous determination of homocysteine, methionine and cysteine in maternal plasma after delivery by HPLC-fluorescence detection with DBD-F as a label. Biomed. Chromatogr., 27, 708-713 (2013).
  • M. Wada, Y. Ochi, K. Nogami, R. Ikeda, N. Kuroda, K. Nakashima: Evaluation of hair roots for detection of methamphetamine and 3,4-methylenedioxymethamphetamine abuse by use of an HPLC-chemiluminescence method, Anal. Bioanal. Chem., 403, 2569-2576 (2012).

主な国際・国内活動

  • 日本薬学会
  • 日本分析化学会
  • クロマトグラフィー科学会
  • 日本薬剤師会
  • 日本法中毒学会
  • 日本臨床化学会
  • 日本医療薬学会
  • 生物発光化学発光研究会
  • 平成26年度~ クロマトグラフィー科学会評議員
  • 平成28年度~ 日本法中毒学会評議員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1