文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

山本 晃之Teruyuki Yamamoto

前のページへ戻る

山本 晃之

氏名 山本 晃之
ふりがな やまもと てるゆき (Teruyuki Yamamoto)
職名 講師 (Junior Associate Professor)
学位 学士(薬学)福岡大
専門分野
  • 実務薬学
略歴
  • 福岡大学薬学部製薬化学科卒
  • 代々木商事有限会社 常務取締役
  • 有限会社水上薬局 代表取締役
  • 東京理科大学薬学部 客員研究員
  • 東京理科大学薬学部 臨床准教授

山本 晃之

主な研究課題

これからの薬剤師を取り巻く環境を想定し、地域包括ケアシステムにおける薬局の機能と薬剤師の役割、地域住民の求める「かかりつけ薬剤師・薬局」になるために必要な資質などを重要な課題としてきた。薬局薬剤師としての実務経験をもとに、ファーストアクセス(セルフメディケーション、健康支援・相談)、チームアクセス(在宅医療・介護、在宅復帰、QOL確保、医療安全、コスト適正化)、ソーシャルアクセス(地域活動、県民との協力・啓発、24時間・災害等体制、学校薬剤師・薬物乱用防止)、ラストアクセス(調剤業務、医療安全、適正使用、コスト適正化)の各領域において必要なデータ等を収集し研究することにより、薬局薬剤師が専門性を発揮できるよう実務レベルの様々な提言を行っていきたい。


主な著書・論文

  • 山本晃之,伊藤奈緒美,嶋田彩,髙橋祥浩,冨永佳敬,中野大地,久井のり子,藤井晴菜,小野寺志葉,原田裕介(2017) 患者の後発医薬品に対する意識変化と傾向の検討, 薬局薬学, 9: 169-174
  • 山本晃之,上村直樹(2017) 疑義照会の内容から見る薬の専門家としての薬局薬剤師の責務, 医薬品情報学, 18(4): 295-300
  • 上村直樹監.根岸健一編.謎解きで学ぶ薬学生・新人薬剤師のための処方解析入門[改訂版].株式会社薬ゼミ情報教育センター,2018:p.148-155

主な国際・国内活動

  • 日本薬剤師会代議員
  • 日本薬剤師会生涯学習委員会委員長
  • 山口県薬剤師会専務理事
  • 徳山薬剤師会理事
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師
  • 日本医薬品情報学会など

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1