ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

SDGs への取り組みSDGs

前のページへ戻る

SDGsに関する本学の取り組み

SDGsに関する山陽小野田市立山口東京理科大学の行動指針

 山陽小野田市立山口東京理科大学は、基本理念の下、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する教育研究活動に取り組み、地域社会における健康で豊かな暮らしの持続を牽引します。

SDGsに関する山陽小野田市立山口東京理科大学の行動指針を示す意義

 人類共通の今日的課題であるSDGsに貢献することは、山陽小野田市立山口東京理科大学の基本理念である「世界的視野で物事を思考できる人間性豊かな人材の育成」に資するものです。山陽小野田市立山口東京理科大学は、国際目標であるSDGsを視野に入れ、工学・薬学・人文社会学・自然科学を総合した視点により、科学技術のイノベーションと薬学をとおした健康増進を思考・俯瞰できる人材を地域社会に送り出します。

sdgs.png sdg_icon_01_ja_2.png sdg_icon_02_ja_2.png sdg_icon_03_ja_2.png sdg_icon_04_ja_2.png sdg_icon_05_ja_2.png sdg_icon_06_ja_2.png
sdg_icon_07_ja_2.png sdg_icon_08_ja_2.png sdg_icon_09_ja_2.png sdg_icon_10_ja_3.png sdg_icon_11_ja_2.png sdg_icon_12_ja_2.png
sdg_icon_13_ja_2.png sdg_icon_14_ja_2.png sdg_icon_15_ja_2.png sdg_icon_16_ja_2.png sdg_icon_17_ja_2.png sdg_icon_wheel_2.png

SDGs(持続可能な開発目標)とは

 SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs(持続可能な開発目標)の詳細
目標1(貧困) あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。
目標2(飢餓) 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する。
目標3(保健) あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。
目標4(教育) すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。
目標5(ジェンダー) ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。
目標6(水・衛生) すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。
目標7(エネルギー) すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。
目標8(経済成長と雇用) 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。
目標9(インフラ、産業化、
イノベーション)
強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。
目標10(不平等) 各国内及び各国間の不平等を是正する。
目標11(持続可能な都市) 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。
目標12(持続可能な生産と消費) 持続可能な生産消費形態を確保する。
目標13(気候変動) 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。
目標14(海洋資源) 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。
目標15(陸上資源) 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。
目標16(平和) 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。
目標17(実施手段) 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

sdg_icon_01_ja_2.png  
主な研究課題

 ・カント哲学における超越論的な問いの解明
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・純粋理性批判の根本諸概念の超越論的対象を基軸に据えた解明
 ・情報と知識とに関わる倫理の解明
 ・数学教育のコンピュータ導入に関する研究
 ・生薬由来医薬シードの探索研究
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究

sdg_icon_02_ja_2.png  
主な研究課題

 ・生薬由来医薬シードの探索研究
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化

sdg_icon_03_ja_2.png  
主な研究課題

 ・新しい制がん剤の開発
 ・新しい理論による超微量タンパク質の新規カルボキシル末端配列解析法の開発
 ・アミロイド病の予防基盤技術の開発に向けたタンパク質工学からのアプローチ
 ・新たなリード化合物の創製
 ・安価で簡便な分析試験紙の開発
 ・医薬品および機能性食品摂取後の生体内抗酸化能測定とその評価
 ・医薬品および健康影響物質の高感度計測法の開発とその生体効果の評価に関する研究
 ・医療や研究の倫理的問題や血圧制御の血管収縮制御メカニズムに関する研究
 ・エネルギー変換に関わる金属酵素化学モデルの研究
 ・過栄養ストレスによるβ細胞疲弊モデルの構築と分化転換方向性の検証
 ・がんの発生と制御を有機化学的に解明する研究
 ・キラル1,2-ジアミン類の汎用的合成法の確立
 ・金属タンパク質の分光学的研究
 ・計算機を用いた疾患関連蛋白質に作用する薬物の創出
 ・血圧制御に関わる血管収縮制御メカニズムについての研究
 ・ゲノム複製の維持制御のメカニズムの解明
 ・個体間および個体内変動要因解析に基づく薬剤学研究
 ・口部入力インターフェースを用いた電動車いすの操作
 ・抗ガン剤や免疫療法剤の副作用の軽減
 ・子ども相談支援の在り方
 ・再生医療,幹細胞老化,細胞外小胞診断
 ・細胞運命を制御するシグナルのシステムを解明する研究
 ・細胞分裂における細胞内マグネシウムイオンの調節機構とその役割に関する研究
 ・細胞膜におけるトランスポーターの発現リズムの制御機構の解明
 ・シグナル分子が関わる疾患の研究と治療法の開発
 ・シミュレーションを用いた生体分子のダイナミクスとその機能の解析
 ・疾病を有機化学の立場から研究
 ・生薬由来医薬シードの探索研究
 ・食品添加物や容器包装、農薬などに関わる化学物質の環境毒性評価
 ・新規化合物の生理活性の探索ならびに生理活性の予測
 ・新規ドラッグデリバリーシステムとしての機能性人工タンパク質の創製
 ・迅速かつ簡便な医薬品の分析法開発とそれら薬物の相互作用の評価に関する研究
 ・生活習慣病に関与する活性酸素種の制御に関する研究
 ・生体におけるストレス応答の機能解析
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・摂食内容と摂食時間の変化が及ぼす組織内脂肪酸の組成への影響
 ・大気エアロゾル粒子の物理・化学的特性に関する研究
 ・大気中に存在する新しいタイプの内分泌攪乱物質の研究
 ・多能性幹細胞分化過程における膜タンパク質のプロテオーム解析
 ・単純複素五員環を利用した高効率不斉合成プロセスの開拓
 ・地域包括ケアシステムにおける薬局の機能と薬剤師の役割
 ・ドラッグデリバリー技術の開発
 ・認知症の研究
 ・発展途上国における環境分析及び公衆衛生・疫学的な調査研究
 ・ヒトの脂肪組織由来の間葉系幹細胞を対象としたゲノム治療法や再生治療法の開発
 ・フレキシブル熱電発電モジュールの設計に向けた有機材料の開発
 ・マウス脳機能イメージング技術の開発
 ・慢性炎症関連疾患を巧くコントロールする技術の創生
 ・免疫細胞の分化・活性化機構を統括する細胞内シグナルの解明
 ・粒子状物質や環境化学物質の生体影響についての研究
 ・老化・再生をターゲットとした創薬への応用
 ・医薬品情報に関する研究
 ・災害医療支援における薬剤師の役割に関する研究
 ・医薬品の微生物・異物汚染とその対策
 ・消毒薬の適正使用
 ・排便後の手指衛生
 ・多剤耐性菌に対する抗菌薬の併用効果
 ・脳内デリバリーを促進する細胞膜融合性ナノ集合体を用いたタンパク質点鼻型製剤の開発
 ・生活習慣病の予防を目的としたフッ化物含有粘膜付着性パッチ製剤の開発
 ・薬剤性糖尿病の発症機序の解明及び治療効果に関する研究
 ・健康増進と介護予防を主眼としたロコモティブ症候群とサルコペニアの病態解明と治療法の確立に向けた研究及び筋力強化の意義としての筋肉トレーニングの効用
 ・薬学に関連した社会的課題の解決に資する研究
 ・医療用具・環境の微生物汚染対策や消毒薬の適正使用推進に関する研究
 ・ストレス応答機構の解析と小胞体ストレスを標的とした創薬・診断
 ・薬剤師による医療貢献におけるエビデンス構築
 ・線維形成ペプチドを用いた細胞毒性試験およびアレルギー感作反応の応答配列の探索とその応用
 ・虚血性心疾患における自律神経系および水素分子の役割とその応用
 ・地域包括ケアシステムにおける薬局の機能と薬剤師の役割
 ・精神疾患モデル動物の情動と脳内神経機構に関する研究
 ・臨床課題に対して薬学的解決策を構築する研究
 ・ユビキチン化タンパク質を足掛かりとした生理・病理機構の解析による薬理作用のメカニズム解明
 ・臨床上の課題解決及び多彩な業務展開への柔軟な対応に向けた病院薬剤師の業務の見直しのためのエビデンス構築
 ・大気汚染による脳の発達への影響
 ・周産期脳障害の早期診断、新規治療法の確立
 ・神経変性疾患の病態メカニズム解明及び新規治療薬の開発
 ・多機能型OCTに関する研究
 ・医薬用タンパク質の磁気分離装置開発

sdg_icon_04_ja_2.png  
主な研究課題

 ・愛とは何か
 ・移動ロボットの走行制御に関する研究
 ・宇宙の起源の解明
 ・宇宙における原子力の平和利用について
 ・カント哲学における超越論的な問いの解明
 ・科学的な思考力、判断力、表現力を育む理科教育の在り方について
 ・計算機を用いた疾患関連蛋白質に作用する薬物の創出
 ・個体間および個体内変動要因解析に基づく薬剤学研究
 ・子ども相談支援の在り方
 ・子どもの認知発達とその支援
 ・シグナル分子が関わる疾患の研究と治療法の開発
 ・シミュレーションを用いた生体分子のダイナミクスとその機能の解析
 ・小中高大連携によるカリキュラム研究
 ・Jane Austen研究
 ・純粋理性批判の根本諸概念の超越論的対象を基軸に据えた解明
 ・情報と知識とに関わる倫理の解明
 ・数学教育のコンピュータ導入に関する研究
 ・生体におけるストレス応答の機能解析
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・26次元時空のボソン的開弦の場の理論および10次元時空の超開弦の場の理論の研究
 ・認知症の研究
 ・物理教育教材の研究
 ・Persuasionにおける "improvement"とは何か
 ・豊富な資源を主成分とする高機能材料の開発
 ・マウス脳機能イメージング技術の開発
 ・理科(物理)教材の開発研究
 ・医薬品情報に関する研究
 ・災害医療支援における薬剤師の役割に関する研究
 ・臨床課題に対して薬学的解決策を構築する研究
 ・周産期脳障害の早期診断、新規治療法の確立
 ・神経変性疾患の病態メカニズム解明及び新規治療薬の開発
 ・多機能型OCTに関する研究
 ・凝縮系物理学における真空の構造の解明とその応用
 ・文学研究(19世紀末アメリカ文学、特にヘンリー・ジェイムズ作品について)

sdg_icon_05_ja_2.png  
主な研究課題

 ・カント哲学における超越論的な問いの解明
 ・純粋理性批判の根本諸概念の超越論的対象を基軸に据えた解明
 ・情報と知識とに関わる倫理の解明
 ・災害医療支援における薬剤師の役割に関する研究
 ・19世紀末から20世紀にかけて -文学作品に見られるジェンダー研究―

sdg_icon_06_ja_2.png  
主な研究課題

 ・安価で簡便な分析試験紙の開発
 ・発展途上国における環境分析及び公衆衛生・疫学的な調査研究
 ・災害医療支援における薬剤師の役割に関する研究
 ・医薬品の微生物・異物汚染とその対策
 ・消毒薬の適正使用
 ・排便後の手指衛生
 ・多剤耐性菌に対する抗菌薬の併用効果

sdg_icon_07_ja_2.png  
主な研究課題

 ・アルコールからの求電子的アルキル化剤の新規触媒的発生および新合成戦略としての展開
 ・新しい熱電材料の研究
 ・移動ロボットの走行制御に関する研究
 ・宇宙における原子力の平和利用について
 ・エネルギー変換に関わる金属酵素化学モデルの研究
 ・可視光照射下における水の完全分解を目指した人工光合成型光触媒の開発
 ・感温性スマートウインドウの開発
 ・外場応答性イオン液体の開発
 ・機能性分子を内包した外場応答性フィルムの開発
 ・光合成の酸素発生機構解明に向けた理論化学計算からのアプローチ
 ・シクロデキストリンを利用した選択的有機合成
 ・車輪式移動ロボットの段差踏破能力に関する研究
 ・触媒的脱水素化および金属/金属協同効果に基づく水素移動型還元反応の開発
 ・新規熱電材料の研究
 ・多孔性固体塩基触媒を用いたバイオ液体燃料製造
 ・単純複素五員環を利用した高効率不斉合成プロセスの開拓
 ・超分子で安定化したコロイドの創製と機能
 ・電池に用いる電解液の半固体化
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・二元遷移金属触媒系が導く新合成戦略
 ・白金に代わる色素増感型太陽電池用対電極の開発
 ・搬送作業を行う移動ロボットに関する研究操作
 ・光応答性スマートウインドウの開発
 ・光機能材料
 ・微細構造による熱電特性の向上
 ・豊富な資源を主成分とする高機能材料の開発
 ・フレキシブル熱電発電モジュールの設計に向けた有機材料の開発
 ・メタラサイクルを活性中間体として活用した新形式有機合成反応の開発
 ・有機/無機ハイブリッド熱電変換材料の開発
 ・大気汚染による脳の発達への影響
 ・多機能型OCTに関する研究
 ・超伝導応用機器の研究開発
 ・水素製造・利用技術の基礎研究
 ・凝縮系物理学における真空の構造の解明とその応用

sdg_icon_08_ja_2.png  
主な研究課題

 ・技術者の就業力
 ・数学教育のコンピュータ導入に関する研究
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・周産期脳障害の早期診断、新規治療法の確立

sdg_icon_09_ja_2.png  
主な研究課題

 ・新たなリード化合物の創製
 ・RGB-Dセンサを用いた移動ロボットの周囲環境認識
 ・位置と力の弱干渉型ハイブリッド制御法の提案と産業用ロボットへの応用
 ・宇宙における原子力の平和利用について
 ・宇宙の起源の解明
 ・大型放射光施設を用いた触媒表面の局所構造解析
 ・カオスの情報論的取り扱いに関する研究
 ・カオス尺度による非線形データ解析
 ・可視光照射下における水の完全分解を目指した人工光合成型光触媒の開発
 ・感温性スマートウインドウの開発
 ・外場応答性イオン液体の開発
 ・幾何公差の累積解析の研究
 ・機能性分子を内包した外場応答性フィルムの開発
 ・群ロボットにおける制御器と機能創発の関係の探求
 ・計算機を用いた疾患関連蛋白質に作用する薬物の創出
 ・個体間および個体内変動要因解析に基づく薬剤学研究
 ・高周波磁性材料の研究
 ・再生医療,幹細胞老化,細胞外小胞診断
 ・細胞膜におけるトランスポーターの発現リズムの制御機構の解明
 ・シグナル分子が関わる疾患の研究と治療法の開発
 ・シミュレーションを用いた生体分子のダイナミクスとその機能の解析
 ・数学教育のコンピュータ導入に関する研究
 ・ずれ応力を用いた物質化学
 ・生体内の硫化水素とポリサルファイドの研究
 ・生体におけるストレス応答の機能解析
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・摂食内容と摂食時間の変化が及ぼす組織内脂肪酸の組成への影響
 ・遷移金属アート型反応剤の還元能を利用する有機金属反応剤の生成反応の開発
 ・遷移金属アート型反応剤の反応性を反映した触媒反応
 ・高いキャリア移動度をもつ新型半導体の研究
 ・多孔性固体塩基触媒を用いたバイオ液体燃料製造
 ・単純複素五員環を利用した高効率不斉合成プロセスの開拓
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・知能機械システムの開発
 ・超分子で安定化したコロイドの創製と機能
 ・ドラッグデリバリー技術の開発
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・熱エネルギー輸送高効率化を目指した新規伝熱面表面に関する研究
 ・薄膜成長と次世代半導体デバイスの基礎研究
 ・搬送作業を行う移動ロボットに関する研究操作
 ・ヒトの脂肪組織由来の間葉系幹細胞を対象としたゲノム治療法や再生治療法の開発
 ・光応答性スマートウインドウの開発
 ・フレキシブル熱電発電モジュールの設計に向けた有機材料の開発
 ・不飽和結合の2電子還元によるvic-ジアニオンの生成反応
 ・分子集合体・分子結晶の物性研究:電気的・磁気的・光学的性質
 ・マウス脳機能イメージング技術の開発
 ・ものづくりと感性研究
 ・有機金属化合物を付与した両親媒性物質が形成する薬物・DNA封入カプセルの開発と応用
 ・有機伝導体・磁性体の研究
 ・有機/無機ハイブリッド熱電変換材料の開発
 ・老化・再生をターゲットとした創薬への応用
 ・ロボットのインテリジェント制御
 ・脳内デリバリーを促進する細胞膜融合性ナノ集合体を用いたタンパク質点鼻型製剤の開発
 ・生活習慣病の予防を目的としたフッ化物含有粘膜付着性パッチ製剤の開発
 ・薬学に関連した社会的課題の解決に資する研究
 ・ストレス応答機構の解析と小胞体ストレスを標的とした創薬・診断
 ・線維形成ペプチドを用いた細胞毒性試験およびアレルギー感作反応の応答配列の探索とその応用
 ・虚血性心疾患における自律神経系および水素分子の役割とその応用
 ・地域包括ケアシステムにおける薬局の機能と薬剤師の役割
 ・多機能型OCTに関する研究
 ・超伝導応用機器の研究開発
 ・水素製造・利用技術の基礎研究
 ・医薬用タンパク質の磁気分離装置開発
 ・新しい有機典型元素化合物の合成および機能解明
 ・典型元素由来の物性を活用した有機元素材料の創製
 ・典型元素と遷移金属の協働作用に基づく触媒科学の開拓
 ・凝縮系物理学における真空の構造の解明とその応用

sdg_icon_10_ja_3.png  
主な研究課題

 ・安価で簡便な分析試験紙の開発
 ・カント哲学における超越論的な問いの解明
 ・口部入力インターフェースを用いた電動車いすの操作
 ・子ども相談支援の在り方
 ・子どもの認知発達とその支援
 ・純粋理性批判の根本諸概念の超越論的対象を基軸に据えた解明
 ・情報と知識とに関わる倫理の解明
 ・数学教育のコンピュータ導入に関する研究
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・認知症の研究

sdg_icon_11_ja_2.png  
主な研究課題

 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・認知症の研究
 ・発展途上国における環境分析及び公衆衛生・疫学的な調査研究
 ・防災教育に関する研究
 ・フレキシブル熱電発電モジュールの設計に向けた有機材料の開発
 ・ものづくりと感性研究
 ・地域包括ケアシステムにおける薬局の機能と薬剤師の役割
 ・大気汚染による脳の発達への影響

sdg_icon_12_ja_2.png  
主な研究課題

 ・カント哲学における超越論的な問いの解明
 ・外場応答性イオン液体の開発
 ・幾何公差の累積解析の研究
 ・技術者の就業力
 ・機能性分子を内包した外場応答性フィルムの開発
 ・キラル1,2-ジアミン類の汎用的合成法の確立
 ・工程管理を考慮した精度設計法の開発
 ・車両の操縦性・安定性研究
 ・食品添加物や容器包装、農薬などに関わる化学物質の環境毒性評価
 ・純粋理性批判の根本諸概念の超越論的対象を基軸に据えた解明
 ・情報と知識とに関わる倫理の解明
 ・数学教育のコンピュータ導入に関する研究
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・摂食内容と摂食時間の変化が及ぼす組織内脂肪酸の組成への影響
 ・大気中超微小粒子及び工業的に生産されるナノ粒子の次世代健康影響
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・ものづくりと感性研究

sdg_icon_13_ja_2.png  
主な研究課題

 ・エネルギー変換に関わる金属酵素化学モデルの研究
 ・大気エアロゾル粒子の物理・化学的特性に関する研究
 ・大気中粒子状物質分析
 ・多孔性固体塩基触媒を用いたバイオ液体燃料製造
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・分子触媒固定電極の開発
 ・超伝導応用機器の研究開発
 ・水素製造・利用技術の基礎研究

sdg_icon_14_ja_2.png  
主な研究課題

 ・新たなリード化合物の創製
 ・生薬由来医薬シードの探索研究
 ・豊富な資源を主成分とする高機能材料の開発

sdg_icon_15_ja_2.png  
主な研究課題

 ・新たなリード化合物の創製
 ・生薬由来医薬シードの探索研究
 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・単純複素五員環を利用した高効率不斉合成プロセスの開拓
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究

sdg_icon_16_ja_2.png  
主な研究課題

 ・カント哲学における超越論的な問いの解明
 ・純粋理性批判の根本諸概念の超越論的対象を基軸に据えた解明
 ・情報と知識とに関わる倫理の解明
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・談話レベルの情報構造とポライトネス

sdg_icon_17_ja_2.png  
主な研究課題

 ・生物時計を利用した薬用植物の高付加価値化
 ・地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究
 ・認知症の研究
 ・人間と自然との共生に役立つ電気電子デバイスの実現を目指した研究
 ・マウス脳機能イメージング技術の開発

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1